我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > フィッシャーのAG7Eが到着しました


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

フィッシャーのAG7Eが到着しました

注文していたフィッシャーのAG7Eが到着しましたので、早速「開封の儀」をば。


こんな外箱に入っておりまして、


AG7ではなく「AG7E」となってます。


プラスチック製のケースを開けるとこんな感じ。ケースがデカいw


クリップの刻印はオリジナルモデル(AG7)と同じで「E」の文字はありません。


リリースボタンの横には「Apollo 11」という文字と、人類が初めて月面に降り立った日「July 20,1969」が刻印されています。


更にその下には「Fisher SPACE PEN」のデザインロゴ。


グリップは細めで、滑り止め加工がされています。


芯を収納した状態だと「鯉の口」のような穴がポッカリとあいているのがチャームポイント?w

ってな感じで、オリジナルモデル(AG7)との相違点は、たぶんペン本体の刻印(5枚目と6枚目の画像)だけだと思います。

で、先日の記事でも触れたように、この「AG7E」がアームストロング船長モデルなのか、それとも単なる記念(限定)モデルなのかは定かではありませんが、刻印の内容からして当時のアームストロング船長がこれと同デザインのペンを持っていたとは考えにくいですよねぇ。なのでオイラ的には何かの折に発売された「AG7ベースの記念(限定)モデル」という認識で所有することにします。てか、個人的にはいろんな刻印があるよりもプレーンなオリジナルモデルの方が好きなんですよね。コッチを選んだのは単に値段の問題ですから、アームストロング船長モデルであろうが、記念(限定)モデルであろうがどっちでもいいんです(^^ゞ その辺のことを言い出しちゃうと、アポロ11号の月面着陸自体にもいろいろな疑惑がありますし。

さて、ペンそのものについての評価としてはですね・・・極めて普通です。当時としては宇宙で使えるということで画期的だったんでしょうけど、数百円で加圧式ボールペンが買えちゃう今となっては「人類初の月面着陸をしたアポロ11号の~」というストーリー(うんちく)が最大の特徴ってことになっちゃうと思います。なので単にペン自体の価値ということになると、とてもじゃないけど10500円なんて出せませんね。今回は999円というリフィル代プラスαみたいな値段だったんで買いましたけど。

とは言うものの決してダメなボールペンってわけではないですよ。いいなぁと思ったのは、小振りなボディと「スコッ」て感じのノックの感触。このノック感は実際に使ってみないと分からないと思いますが、マニュアル車のショートストロークシフトのような感じ?ノックのストロークが短いわけじゃないんですが、グニャグニャしたところがなくて小気味いいんですよ。あと、最近のモデルでは少なくなったシルバー(クローム)塗装一色のシンプルなデザインが上品であり新鮮でもあります。(だからこそプレーンなオリジナルモデルの方がいいんですよねー)

というわけで、総評としては今回の値段であれば十分に満足できる性能と質感であり、しかもストーリー(うんちく)も語れますってところでしょうか。まあランニングコストを考えれば三菱やトンボの加圧式の方が断然安いですし実用的だと思いますが、999円(送料は別ですが)だったら1本持っててもいいかなと。個人的には概ね満足してますが、これでフィッシャーのボールペンは2本になりましたからね。今後よほど心を動かされる新製品が出るか、または今回のような爆安商材が現れない限りは「打ち止め」かな。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可