我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 栞に凝ってみる


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

栞に凝ってみる



ほとんどの手帳には紐栞が2本ぐらいついているので実用上困ることはありませんが、内容的なカスタマイズのみならず、ルックス的な意味での手帳カスタマイズも盛んな割には栞に無頓着な方が多いような気がします。たまに見かけるのはトラベラーズノートの定番カスタマイズでもある「栞紐の先にチャーム」ってパターンですが、あれは栞そのものを意識していると言うよりも、手帳全体のイメージアップを図る目的でのカスタマイズのような気もするし・・・。やはり栞に興味を持つ(こだわる)人ってのは読書家に多いんでしょうか?

栞っていうのはその材質や形、色や絵柄など非常に沢山のバリエーションがあるわけで、一部のものを除けば比較的リーズナブルなお値段で手に入ります。普段気にしていないだけで、探してみると結構面白いものがあるんですよね。

上の画像でご紹介しているのは、JMAMで販売しているマグネット栞。文字通りマグネット式なのでズレたり落ちたりすることもほとんどないですし、適度な重量があるので挟んだページが開きやすいというメリットもあるのかな。ちなみにオイラはジークエンス360を買ったときについてくるマグネット栞を数個持っていて何かと重宝してますし(磁気メディアに対する注意は必要ですけれども)、革の栞も数枚使っています。

ま、どんな栞が向いているかは人それぞれの好みや使い方にもよりますが、手帳やノートの栞にちょっとだけ気を配ってみるのも楽しいものです。世の中にはいろんなコレクターがいますが、きっと「栞コレクター」ってのもいるんでしょうね。そのぐらい種類が多く、使わずに見ているだけでも楽しいアイテムだということなんでしょう。

そんなわけで今回はJMAMのマグネット栞を一例としてご紹介しましたが、実用本位で選ぶも良し、趣味本位で選ぶのも良し、いずれにしても「栞」というものをもっと意識してみると面白いと思いますし、そこから手帳やノートの使い方についての新しい発見があるかもしれません。

eショップ限定 手帳に便利な『マグネットしおり』 新デザイン登場!!

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可