我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > 「仲秋」で落書き


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

「仲秋」で落書き



先日購入したセーラーの秋限定カラー「仲秋(ちゅうしゅう)」ですが、ようやく空きの万年筆ができたので使ってみました。

さて、インクについての記事ですから当然そのインクで書いたものをお見せするのがセオリーですね。しかしもともと字が下手なうえに撮影を意識し過ぎたのか、何度書いても満足できる(お見せできるような)字にならず、だったらもう遊び文字でいいや!ってことで「メモ魔オリジナルフォント(落書き用)」を採用しましたw そもそも字ではなく、色をお見せするための画像ですからね!(と言い訳w)




予想通りのいい色ですねぇー。オイラにはソムリエのような世界観での表現はできませんし、「○色寄りの色だね」とか「○社の△△に似てるね」なんてことも分かりませんが、本人が満足してるんだからそれでよし。

ちなみに大きな文字のほうがプレジール(中字)で、小さい方がハイエース・ネオ(細字)。用紙には先日ご紹介したダイソーのリングノートという、「1000円万年筆&100円用紙」の激安コンピでお送りしました。初心者の落書き&練習用としては十分です♪

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可