我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系レビュー > 雑記帳はコレにした!


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

雑記帳はコレにした!

万年筆を使うようになってから今まで以上に気になりだしたのが「紙の浮き」。綴じノートだと綴じ部に近づくにつれて紙が浮いてきますよね。また「左右ページの不均等による書きにくさ」ってのも厄介。(左右のページ数が常に均等ではないため、その差が大きいほど薄い方の側のページは書きにくくなる)

そこで「天綴じ(天リング)」です。これだと前述のような不都合がなく、裏面にも同条件で書けます。オイラはリングが手に当たるのがイヤなので横開きのリング式はNGですが、天リングの縦開きなら大丈夫(^^)v




というわけで、こちらは先日Bun2をもらいに行ったついでに買ってきたダイソーの「A6 天リングメモ」。(一応、サイズ比較のためにペンを置いてみた)

表紙(カバー)色は他にもありましたが、オイラはグレー(?)にしてみました。表紙(カバー)自体は図柄のないスケルトンなのですが、その下にダイソーメモのトレードマーク(?)が入った用紙(こっちが表紙?)が一枚あり、これが中身を隠す役割を果たしているのかな。




中紙はスタンダードな横罫(6ミリ)で、上質紙を使用しています。とはいえ、実際に万年筆でも大丈夫なのかは書いてみないことには分かりませんよね。なのでとりあえず1冊だけ買って、家で試してみることに。

結果は上々。オイラの持ってる万年筆&インクでは滲みや抜けも許容範囲内で、乾きも良好。書き味という意味での紙質にも十分満足です。

これが105円ですよ。ライフとかマルマンだともっと枚数が少なくて300円以上しますからね。ま、さらに紙質がいいんでしょうが、雑記帳ならこの紙質でも十分過ぎるほど。




というわけで先程、追加で5冊ほど買ってきました!(^^)v




天リング・80枚・横罫20行(6ミリ)・日本製




上質紙使用

万年筆も使える雑記帳として、申し分ありません♪

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可