我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > ウケるぅ~www


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

ウケるぅ~www

先日の記事で「野原工芸の太軸ボールペンをシャープペンにしてもらう」と言ったんですが、やはりその前に一度、「ダメもと」で互換リフィルを試してみる価値はあるかなと思い、買ってきました。



BRF-20EF-B。210円也。

あえてA-inkを捨て、手帳用に使いたいという目論見もあり、極細(0.5ミリ)にしてみました。




樹脂製リフィルの方がデフォルトのBRFN-10F-B。樹脂製とはいえ、A-inkの方が安い(105円)ってのがシャクですw

で、試し書きの率直な感想をヤングなギャル風に言うとですね・・・

「ウケるぅ~www」

すっかりフツーのボールペンになってしまいましたw 最近はあまりお目にかかることのない、懐かしさすら感じる「超フツー」なインク。極細(0.5ミリ)ということもあり、発色も「昭和」な感じ?これを来年デビュー予定の能率手帳ゴールドに使うことを想像すると・・・

「ウケるぅ~www」(でも、ある意味「レトロ感」があっていいかもw)

と、やたらとウケながら評してしまった「BRF-20EF-B」ですが、ファーストインプレッションってのはしばらく使ってると大きく変わったりしますからね。とりあえずシャープペンシル化の話は一旦白紙に戻して、ボールペンのまま今の手帳に使ってみようと思います。オイラ的にはウケちゃったインクですが、それでもBRFN-10Fよりは使い道がありそうですw

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
kazu : URL

#- 2011.09.08 Thu 14:59

以前のブログと合わせて読ませてもらいました!

当店はAinkを気に入ったため太軸タイプのペンを作るようになった経緯があるので、ちょっと残念ですが、普段から色々と試されてる方だとやっぱりインクの好みもありますよね。
*時々、どこどこのインクが使えるようにしてくれ、と中々無茶な問い合わせをされる方結構いますw

同じAinkでも金属タイプのBRFN-30Fとだと色も少し異なるんですが、基本的な傾向が同じ+0.5mmがないのでたぶん駄目なのかもしれません…
取り敢えずはBRFシリーズで良くも悪くもレトロな感じに楽しまれていただいているので、良かった?かなと思います。

あ、いつでもMPへの交換対応しますから、お気軽にご連絡くださいね(^^)

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2011.09.08 Thu 15:28

インクの好みは人によってまちまちで、余程のことがない限り正解も不正解もないので、それは作る側としてはどうしようもないですよね。しかもオイラの場合、本来は現物をチェックして買うべきものをネットで購入させていただいているのですから、そういう意味でのリスクは承知の上です。(^^)v

とりあえず今回交換したBRF-20EFは、記事上ではあのように書きましたが扱いにくさはありませんので、そこそこ使っていけるのではないかと思っています。そのうえでやはり・・・ということになったときには宜しくお願いします。m(__)m

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可