我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > インクだけが気に入らないお気に入りBPをMPにしてもらおう作戦


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

インクだけが気に入らないお気に入りBPをMPにしてもらおう作戦



こちらは野原工芸のボールペン(マーブルウッドの漆仕様)。今年の7月1日から使い始めた新人さんですが、この度、シャープペンシルに生まれ変わってもらうことにしました。

いや、最初は良かったんです。そして今でも軸は気に入ってます。しかしインクがですね、どうもオイラ的に馴染めなかったのです。

このボールペンのデフォインクはパイロットのA-ink(BRFN-10F)で、ファーストインプレッションでは「書き心地いいねぇー」と思ったんですが・・・使っていくうちに問題を感じ始めちゃったんですよね。(あくまで個人的な好みの問題であって、このインクそのものがダメというわけではありませんので誤解のないように)

まず線幅が、0.7ミリボールにしてはやけに太いのです。低粘度(ソフト)インクなので多少太くなるのは分かるのですが、それを考慮しても太過ぎるんですよねぇ。で、その太さのせいもあって発色が良すぎるというか黒過ぎるというか・・・。なのでこのペンで書いた文字を見るとギラギラと黒光りしちゃってる感じ。

また、他の低粘度(ソフト)油性インクに比べて乾きが悪く、何かの拍子に手を乗せてしまおうものならもう・・・。そんなわけで書き味はキライじゃないんですが、やっぱりオイラ的にはこのインクはダメだなと。ま、普通なら互換芯で対応したいところなんですが、それもオイラの望むインクでは無理なので、さてどうしたものかと。

そんな状態ですから、最近はペンケースに入ったまま出番は激減。たまに気を取り直して使ってはみるものの、やっぱり耐えられない。こんなことになるのなら細軸にしておけば良かったと、実は大後悔しちゃってたんですよね。

そんな折、今日の野原工芸ブログにこんな記事が!

金具の交換ができることは知ってたんですが、BP⇔MPの変更ができるとは知りませんでした!いやぁ、鳴り物入りで入団したピッチャーが打者に転向ってのはよくある話ですが、まさかボールペンがシャープペンになんて考えもしなかったw

ま、今日の今日なんでね、99.99%決まりではあるんですが、まだ正式に依頼はしてません。別件で考えていることもあり、そちらも含めてじっくり検討してからまとめて依頼するつもりです。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可