我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > 見損なったぜ、ピュアモルト!


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

見損なったぜ、ピュアモルト!

加圧インクを採用したボールペンが好きなオイラではありますが、現状では常用したいと思うほど気に入った軸がない。個人的に「これならいいかな」と思えるのは、ピュアモルトの2000円軸(SS-2005)をパワータンクリフィル(SJP-7)に換装したものぐらいかなぁ。

・・・などと考えながら某ショッピングモールのポイントを確認してみたら、SS-2005とSJP-7ぐらいなら十分に買える(交換できる)ポイントが貯まってまして、さてどうしたものかと。

以前ご紹介したように、スタイルフィットのリフィルをほんのちょっとだけ加工し、野原工芸の木軸ボールペン(細軸)のジェットストリーム化(またはシグノ化)に成功したオイラとしては、ここでさらにピュアモルトをパワータンク化して(しかも無加工で)、スペシャルな木軸ラインを完成させたい!

・・・と思ったんですが、こちらのブログ記事を発見し、やめました。

これは「誤差」という次元ではないですね。そこに寄せられているコメントや、別に調べたところによれば、どうやらこれは単なる不良品ではなさそう。つまりこうしたケースは稀ではないらしいのです。もちろんネット上のネガティブ情報すべてをそのまま鵜呑みにはできないにしても、実際にあのような商品が不良品としてはじかれるでも、ワケあり品として明示されるでもなく市場に出回っているのも事実。

そんなわけで「加圧インクの木軸ペン」の構想は一瞬にして砕け散りましたが、気付いたのが発注前だったことが不幸中の幸いでした。

ま、ネットではなく、実店舗で現物を確認して買えばちゃんとした個体を選べるかもしれませんが、実店舗でも同じようなものが見受けられるという情報もありますし、そもそもこういう雑な作りがされているモデルであることが分かってしまうと、たとえ良品であっても欲しくないです。

というわけで、ネタ元のブログ管理人さんにとってはとんだ災難だったと思いますけど、おかげでオイラは助かりました。と同時に、同価格で木軸ボールペンを制作・販売している野原工芸のこだわりや品質の高さを再認識した次第です。

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
パワータンク好き : URL はじめまして

#- 2013.03.10 Sun 02:06

野原工芸とパワータンクのキーワードでこちらにきました。
ちなみに、野原工芸の細軸に、SJP-7はささりますか?
長さはちょっと下駄をはかせればなんとかなるかと思うのですが
太さが・・・どんな感じだかわかりますか?

メモ魔 : URL

#WeLuLxW2 Edit  2013.03.10 Sun 13:11

長くなってしまいましたので
http://techoutonote.blog55.fc2.com/blog-entry-1555.html
にてお返事させていただきましたm(__)m

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可