我流天晴

Home > 文具 > 手帳・文具系雑記 > トラベラーズノートデビューから1ヶ月


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

トラベラーズノートデビューから1ヶ月



先月の14日にトラベラーズノートデビューを果たし、今日でちょうど1ヶ月。残りページも少なくなってきたのでリフィルを買ってきました。選んだのはデフォルトと同じ無地(無罫)です。

この「無地ノート」っていうのも、字の大きさや文頭が揃わなかったり、行が波打ったりするのがイヤでずっと敬遠し続けてきたんですが、トラベラーズノートと同時にデビューしたんだよなぁ。

無地ノートの特徴として「自由」という表現がよく使われますが、これって漠然としていて感覚的に掴みにくいですよね。だけど、そもそも「自由」というものが人それぞれで違うわけですから「自由ってこういうことだよ」と、誰かに教えたり教えられたりするものでもないんですよね。

そんな中、オイラもトラベラーズノートを無地で1ヶ月間使ってみて、オイラなりの自由というものがホンの少~しだけ見えたような気がします。(遥か彼方に見えるトンネルの出口の小さな光ぐらいw)

字の大きさや文頭が揃うとか揃わないとか、行がまっすぐかどうかなんてどうでもいいこと。そんなことには無頓着でいい、そんな風に思えるようになったかな。もちろんそれが「自由」に対する最終的な答えではないけど、たった1ヶ月なのでなんとなく分かった(気付いた)のはまだそんなもんです(^^ゞ

さて、次の一冊が使い終わる頃、どんな自由を見つけられるでしょうか。自分でも楽しみです。最近「旅行」はしてないし、差し当たって予定もないけど、トラベラーズノートとともに「自由を探す旅」をしている。と思うことにしますw

  • スポンサーリンク

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可