我流天晴

Home > 2012年08月


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

MARK'S EDIT 2013(その4 ライトキューブ/エビ)

引き続き「MARK'S EDIT 2013」のご紹介。その4となる今回は、カバーレス(一体型)タイプです。


まずこちらが「LIGHT CUBE/ライトキューブ」。
平ゴム付きの紙製ハードカバーを採用したこのモデルは、2人組(木村順也/林映奈)のデザインユニット「LIGHT CUBE/ライトキューブ」とのコラボ。カラフルで斬新なデザインが目を引きます。



そしてこちらが「EBI/エビ」。
ライフスタイルブランド「EBI/エビ」とのコラボモデルで、「LIGHT CUBE/ライトキューブ」と同じく平ゴム付き紙製ハードカバーを採用していますが、こちらは更に「コーナー金具付」。ヨーロッパのアンティークノートのようなデザインは洗練された印象を与えます。


また、EBI/エビシリーズにはマスキングテープもあります。手帳と組み合わせて楽しめるのはもちろん、様々な用途で重宝しそうな洒落たデザインのマスキングテープです。

ちなみに今回ご紹介した「LIGHT CUBE/ライトキューブ」も「EBI/エビ」も2013年版からのニューモデル。ま、基本的には女性ユーザーを意識したデザインですが、個人的にはカバーレス(一体型)タイプ派なので、そういう選択肢が増えること自体を嬉しく思います。

というわけで、2013年版EDITのニューモデルは今回(その4)までで終了。次回は2012年版からの継続モデルをまとめてご紹介する予定です。

EDIT-LITE 2013 一覧
EDIT 2013 一覧
マークスダイアリー 2013 一覧

2012.9.5追記
公式ガイドブックが出ました!
DAILY PLANNER EDIT 毎日をクリエイティブにする「1日1ページ」手帳術(ONLINE MARK'S)
Amazonでチェックする方はこちら(記事執筆時点では未登録)

「億万長者への旅」(ロト6挑戦) 第7戦結果

第689回 ロト6抽せん数字(2012年8月30日 木曜日)
本数字:06 08 12 17 24 31
ボーナス数字:38
1等:20,094,300円(8口)
2等:4,255,200円(34口)
3等:230,500円(753口)
4等:5,300円(28,797口)
5等:1,000円(381,008口)


5等が連続して当たり、今回はさらにランクアップを期待していたものの、あえなく撃沈・・・。

しかし今回は1等が8口もあり、2等以下の当せん口数もいつになく多いので、当せん金額自体は低くなってしまってますね。なので今回のようなときに当たらなくてよかったと、そう思うことにしましょう。少額当せんもそれなりにうれしいですが、本当の狙いは1等ですから!

さて、第8戦は9月3日(月)です。結果はいかに。

第7戦当せん額:0円
当せん額(累積):2,000円
投資額(累積):7,000円
実績(累積):-5,000円

MARK'S EDIT 2013(その3 マグネット・フラップ/マザーハウス)

引き続き2013年版「EDIT」(エディット)のご紹介。

今回は「マグネット・フラップ」と「マザーハウス」。どちらも2013年版から登場のニューモデルです。


まずこちらが「マグネット・フラップ」。

その名のとおりマグネット留めのフラップカバーを採用したモデルで、ペン挿しやPP素材のスリットなど、機能性の高さが特徴。ただ、フラップカバーなので手帳本体の太り具合によっては収納が困難になること、マグネット式なので磁気を嫌うものの収納には適さない(注意が必要)など、使い方がある程度限定されるカバーだとも言えそうです。



そしてこちらが「マザーハウス」。

アジアの途上国において現地の素材を使い、現地で生産する商品を企画・販売する「マザーハウス」とのコラボモデルで、バングラデシュで手づくりされた「本革パイピング付ジュート(麻)製カバー」を採用しています。ざっくりとした風合いの麻と本革パイピングのコンビネーションは、カジュアルでありながらも軽過ぎない「大人の遊び心」って感じでいいですねー。

ペンホルダーや留め具等のないシンプルなカバーですので、収納力や機能性を求める方には向きませんが、余計な機能を持たないスマートなカバーを求める方には良さそう。個人的にはこういうシンプルなカバーの方が好みです。

というわけで、今回は2013年版「EDIT」(エディット)のニューモデルの中から、「機能性を高めたカバー」と「シンプルなカバー」のモデルをピックアップしてみました。次回は一体型タイプ2種の紹介を予定しています。

EDIT-LITE 2013 一覧
EDIT 2013 一覧
マークスダイアリー 2013 一覧

2012.9.5追記
公式ガイドブックが出ました!
DAILY PLANNER EDIT 毎日をクリエイティブにする「1日1ページ」手帳術(ONLINE MARK'S)
Amazonでチェックする方はこちら(記事執筆時点では未登録)

MARK'S EDIT 2013(その2 storage.it by EDIT/Yoshitomo Nara/Ninadeji)

2013年版「EDIT」(エディット)のトップニュースといえばその1でご紹介したB7サイズの「EDIT-LITE」(エディット-ライト)ということになりますが、そうはいってもEDITのメインモデルはやはりB6サイズ。2013年版では更にラインナップを充実させ、2012年版の6シリーズから12シリーズ(60種類)になりました。

というわけで今回は「storage.it by EDIT」と、それをベースにした「コラボモデル」をご紹介。


まずこちらが「storage.it by EDIT」。
小物収納に便利な「スライドジッパー付き塩ビ製カバー」が特徴で、マークスダイアリーを代表するお馴染みのシリーズですね。2013年版EDITにも引き続き採用され、さらにこれをベースとした「コラボモデル」が追加されています。


こちらは奈良美智さんとのコラボモデル「Yoshitomo Nara」。
この独特の雰囲気を持つ絵は「奈良美智」を知らない人でもご存じの方が多いと思います。「storage.it × 奈良美智」のコラボモデルは、マークスダイアリー内のモデルとしては既存でしたが、2013年版ではEDITにも採用されました。



そしてこちらが蜷川実花さんとのコラボモデル「Ninadeji」(ニナデジ)。
同名の写真集があるみたいなので、その写真を採用しているのかな?ま、詳しいことはよくわかりませんが、華やかさ(鮮やかさ)が目を引くモデルですね。

ちなみにこの「Ninadeji」(ニナデジ)も、EDITでは今回初めて採用されたわけですが、以前からマークスダイアリー内にはあったんですかね?個人的にはその辺の記憶がないんですけど、2013年版ではEDIT以外のシリーズにも採用されています。

冒頭でも述べたとおり、今回ご紹介したモデルは図柄の違いこそあれ「スライドジッパー付き塩ビ製カバー」であることが特徴。そしてこれは好みが大きく別れる要素でもあります。しかしこのカバーはマークスダイアリーを代表するものですし、実際にファン(リピーター)の多いモデルでもありますから、欠かすことのできないシリーズとして位置付けられているのだと思います。

*記事内で使用しているB6・B7表記は変型サイズです。汎用カバー等をご検討の方はご注意下さい。(以下リンクよりご確認下さい)

EDIT-LITE 2013 一覧
EDIT 2013 一覧
マークスダイアリー 2013 一覧

2012.9.5追記
公式ガイドブックが出ました!
DAILY PLANNER EDIT 毎日をクリエイティブにする「1日1ページ」手帳術(ONLINE MARK'S)
Amazonでチェックする方はこちら(記事執筆時点では未登録)

「億万長者への旅」(ロト6挑戦) 第6戦結果

第688回 ロト6抽せん数字(2012年8月27日 月曜日)
本数字:09 12 16 33 34 35
ボーナス数字:01
1等:92,819,300円(2口)
2等:41,768,300円(4口)
3等:675,000円(297口)
4等:11,600円(15,117口)
5等:1,000円(258,936口)


今回も5等の「1,000円」が当たりました~♪
5等でも連勝はうれしい!

今回も前回と同じ売り場。やっぱり「運」というのはあるんですかねー。

さて、第7戦は8月30日(木)です。結果はいかに。

第6戦当せん額:1,000円
当せん額(累積):2,000円
投資額(累積):6,000円
実績(累積):-4,000円