我流天晴

Home > 2011年08月


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

5代目キャンパスノート


コクヨの、というか、日本の代表的ノートである「キャンパスノート」が、2000年11月以来11年ぶりのリニューアル!5代目キャンパスノートとして10月中旬から順次発売されます。表紙デザインや背クロス、さらにロゴも一新するなど、外観と機能の両面に改良が及んでいますが、機能面最大の変更となるとやはり中紙の変更ということになるでしょうか。

ま、細かい点についてはコクヨS&T誠 Biz.ID等でチェックしてもらうとして・・・

そうですか、1975年発売の初代キャンパスノートから数えて今回で5代目ですか。オイラ世代は初代からの表紙をすべてリアルタイムで知って(使って)ますからねぇ。表紙デザインの変遷を見ているだけでも楽しいというか、懐かしいというか。ホント、当たり前のように使ってましたからね。当時はノートを買うときに「選ぶ」って感覚自体がほとんどなかったような気がします。

そして時は流れ・・・

最近はノートブーム(手書きブーム)も手伝って、高級ノートやデザイン性に優れたノートがたくさんあります。そんな中でキャンパスノートは学生や社会人の道具、事務用品として使われていることが多いと思うのですが、あえてキャンパスノートを趣味ノートとして選んでみるのもいいかもしれません。もちろん筆記具は鉛筆かシャープペンシルでねw

見損なったぜ、ピュアモルト!

加圧インクを採用したボールペンが好きなオイラではありますが、現状では常用したいと思うほど気に入った軸がない。個人的に「これならいいかな」と思えるのは、ピュアモルトの2000円軸(SS-2005)をパワータンクリフィル(SJP-7)に換装したものぐらいかなぁ。

・・・などと考えながら某ショッピングモールのポイントを確認してみたら、SS-2005とSJP-7ぐらいなら十分に買える(交換できる)ポイントが貯まってまして、さてどうしたものかと。

以前ご紹介したように、スタイルフィットのリフィルをほんのちょっとだけ加工し、野原工芸の木軸ボールペン(細軸)のジェットストリーム化(またはシグノ化)に成功したオイラとしては、ここでさらにピュアモルトをパワータンク化して(しかも無加工で)、スペシャルな木軸ラインを完成させたい!

・・・と思ったんですが、こちらのブログ記事を発見し、やめました。

これは「誤差」という次元ではないですね。そこに寄せられているコメントや、別に調べたところによれば、どうやらこれは単なる不良品ではなさそう。つまりこうしたケースは稀ではないらしいのです。もちろんネット上のネガティブ情報すべてをそのまま鵜呑みにはできないにしても、実際にあのような商品が不良品としてはじかれるでも、ワケあり品として明示されるでもなく市場に出回っているのも事実。

そんなわけで「加圧インクの木軸ペン」の構想は一瞬にして砕け散りましたが、気付いたのが発注前だったことが不幸中の幸いでした。

ま、ネットではなく、実店舗で現物を確認して買えばちゃんとした個体を選べるかもしれませんが、実店舗でも同じようなものが見受けられるという情報もありますし、そもそもこういう雑な作りがされているモデルであることが分かってしまうと、たとえ良品であっても欲しくないです。

というわけで、ネタ元のブログ管理人さんにとってはとんだ災難だったと思いますけど、おかげでオイラは助かりました。と同時に、同価格で木軸ボールペンを制作・販売している野原工芸のこだわりや品質の高さを再認識した次第です。

大人の文房具【文豪たちに愛された傑作文房具&書斎グッズ】

このブログでは文具関連の書籍などもご紹介してますが、ぶっちゃけ紹介してる本人の購入率は低く、それなりに興味を持った本であっても「買おうかなぁ」とか「たぶん買う」など煮え切らない場合が多い・・・(^_^;)

しかし、

大人の文房具【文豪たちに愛された傑作文房具&書斎グッズ】 (100%ムックシリーズ)

8月31日発売の「大人の文房具【文豪たちに愛された傑作文房具&書斎グッズ】」。
これは買います!てか、衝動的に予約してしまいました(^^ゞ

内容は以下のとおり(Amazonより引用、てかコピペ)

文豪に選ばれた万年筆、手帳、シャープペンシル……etc
《ストーリー》のある文房具を紹介する大人のためのガイドブック

◆巻頭インタビュー【夢枕 獏:作家の相棒】

◆特集1【作家の道具】
本物を知る古今の作家たちに選ばれた、
傑作文房具&書斎グッズをエピソードと合わせて紹介。
夏目漱石/三島由紀夫/開高健/宮沢賢治/坂口安吾/
山口瞳/アーネスト・ヘミングウェイ/ウラジーミル・ナボコフ ほか

◆特集2【匠の文具術】
職業の数だけ、「仕事道具」あり。
医師、会社社長、デザイナー、芸能マネージャーなど、
その道のプロフェッショナル10人が愛用する文房具を大公開!

◆特集3【大人の手紙のつくりかた】
デジタル全盛の今だからこそ、手書きのあたたかさを伝えたい。
カラーインクや便せん、封筒、レターアクセサリーなどのグッズ紹介を交えて
知っておきたい手紙の書き方の基本をやさしく解説。

そのほか、老舗から新進ショップまで押さえた【なぎら健壱の東京文房具さんぽ】、
ビギナーにも分かりやすい【大人の万年筆入門】、目利きが選んだ【実用文房具50傑】など
高級品からデイリーユースのものまで「文房具」を幅広く紹介。


「文豪の愛した○○」とかいうと、万年筆・原稿用紙・ノートあたりが定番ですが、この本はシャープペンや手帳、さらには時計にも及んでいるらしい。(ま、それらが載ってるのはほんのわずかだとは思いますが)

残念ながらAmazonの「なか見!検索」には対応してませんが、数ページ分のビュー画像がありますので、ご興味のある方は要チェックです!

大人の文房具【文豪たちに愛された傑作文房具&書斎グッズ】

「主役はノート!」なダイアリー 【MOLESKINE/モレスキン】カイエウィークリーダイアリー2012

豊富なフォーマットとサイズを揃えている手帳(ダイアリー)といえば、能率手帳や高橋手帳などの日本の老舗メーカーが思い浮かびますが、そんな中で年々ラインナップとユーザーを増やしている海外ブランドがご存知「MOLESKINE(モレスキン)」。既に発売になった2012年版でもニューモデルが追加されています。

【MOLESKINE/モレスキン】カイエウィークリーダイアリー/ ジンジャー 2012

中でも個人的に注目したのが「カイエウィークリーダイアリー 2012」(全4色)。そのネーミングからもお分かりの通り、カイエノートブックのダイアリーバージョンで、見開き2週間のホリゾンタルレイウトを採用したシンプルなダイアリーです。(初めの数ページには、見開き2ヶ月で12ヶ月分のブロック型マンスリースケジュールと、各国都市の国番号や時差、欧米の服や靴のサイズ早見表など、旅行中などに便利な情報も掲載されているようです)

一般的なダイアリーは、いわゆるスケジュール欄がメインで、その後に数ページから数十ページのメモページ(ノート)がついているのが基本スタイルですが、カイエウィークリーダイアリーは簡素な資料ページこそ設けているものの、基本的にはスケジュールオンリーのスタイルを採用しています。

薄くてシンプルなダイアリーとして単体で使うのもいいでしょう。しかし「主役はノート」という前提で、やはりMOLESKINE(モレスキン)ノートブックと組み合わせるためのダイアリーという印象が強いですね。一般的なノートに比べてページ数が多く、しかも堅牢なMOLESKINE(モレスキン)ノートブックと組み合わせれば、まさに「主役はノート」なダイアリーになります。組み合わせるためのカバーを必要としないってのも個人的には高ポイントですね。

ま、これまでも言ってきたようにオイラ自身はMOLESKINE(モレスキン)の「元ユーザー」ですが、こういう新商品を出してくるから目が離せないんですよねー。果たしてオイラが再びユーザになるような商品が出てくるのか。そんなことを考えるのも「MOLESKINE(モレスキン)の楽しみ方」の一つなのかもしれませんw

最終販売!COCO MEISTER(ココマイスター)「ジャッポーネシリーズ」





ドーン!と、いつもより大きめの画像でご紹介するこの革は、姫路のタンナーでなめされた高級皮革「ジャッポーネ」。しっとりとしたやわらかい質感と、光沢が特徴です。

で、この革を使用したジャッポーネシリーズ(ココマイスター)が、いつの間にか最終販売になってました。この革はタンニンとクロームの両方を使用した「コンビなめし(混合なめし)」なんですが、最近の革製品はエコ等の関係もあって、環境にやさしい「タンニンなめし」であることがアピールポイントのひとつになっているようなところもありますからねぇ。また、クロームなめしは変色しにくいのが特徴のひとつで、本来それは長所でもあるんですが、最近はその「変色」を楽しむ傾向も強くなってるからなぁ。その辺も影響しての最終販売なのでしょうか・・・。

ま、そもそも今回の最終販売がリニューアル(モデルチェンジ)のためなのか、それともこの素材自体をやめてしまうのかはわかりませんし、仮に後者であった場合の理由も定かではありませんが、いずれにしても現行のジャッポーネシリーズは在庫限りで終了となります。すでに一部の色が売り切れているアイテムもありますので、ご興味のある方はお早めにどうぞ。

COCO MEISTER(ココマイスター) ジャッポーネシリーズ