我流天晴

Home > 2010年08月


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

クオバディスにもOK!【UNITED BEES/ユナイテッドビーズ】分度器ドットコムオリジナル正方形ノートカバー

【UNITED BEES/ユナイテッドビーズ】分度器ドットコムオリジナル正方形ノートカバー

【UNITED BEES/ユナイテッドビーズ】分度器ドットコムオリジナル正方形ノートカバーは、分度器ドットコムオリジナル正方形ツバメノートやリスシオ正方形ノート、クオバディスEXECUTIVEシリーズなどに適応した帆布製のノートカバーです。

使用している帆布は最高級とされている「コーマ綿糸」を製織した倉敷帆布。強度が高く毛羽立ちが少ない上、手触りがよいのが特長です。JIS規格(日本工業規格)が無くなった今でも、JIS規格に沿って製造されているので、外国産帆布では表現できない厚みと深い風合いが味わえます。

オレンジ、ブラック、カーキ、ベージュの4色がラインナップされており、価格も1365円と比較的安価なので、季節や気分によって数色を使い分けてもいいかもしれませんね。

パイロットライブラリーを紹介しているうちに話が横道にそれて迷子になって遭難しました。の巻

星の数ほどあるメーカーサイトの中には、まあどこのサイトとは言いませんが、まったく用をなさないものがあります。新商品情報がとんでもなく遅い、商品検索がしにくい、ようやく辿りついた商品のスペックがほとんど分からない・・・など、何のための公式サイトなんだと言いたくなるものが少なくありません。

そんな中、先程パイロットのサイトを見ていたら「パイロットライブラリー」というページがありまして、これがなかなか面白い。どれも興味深い内容ですが、特に今「旬」なのは「みんなの文具活用術」というコーナー内の「ハイテックCコレトの組み合わせシミュレーター」と、「パイロット社員の手帳活用術」あたりかな。

まあメーカーサイトを利用する理由(目的)のトップはお目当ての商品の詳細情報を得ることだと思うのですが、それだけだと単なるカタログサイトになっちゃうわけです。現在、ツイッターが情報発信の重要な場になりつつありますが、そうした情報とは別に、ウェブサイトでなければ発信できない情報があります。必要な商品情報がいつでも取り出せることはもちろんですが、活用法、提案、豆知識など、単なる商品スペックではない情報があることによって、ユーザーは当初の目的以外の情報や知識も一緒に持ち帰ることができ、それはユーザーのみならず、結果としてメーカーの利益にも繋がるわけです。

まあパイロットライブラリーへのアクセスが分かりづらかったり、個別商品の詳細情報についてはちょっと弱いところもあったりと、パイロットのウェブサイトも完璧ではなく、改良の余地はあります。しかしそれでも「伝えようとする姿勢」や「やる気」は伝わってきます。結局、ツイッターであれウェブサイトであれ、本気で伝えようとする気があるのか、それとも表向きのポーズだけなのかが問題で、ユーザーはそれを敏感に察知します。見た目の小細工ばかりで、内容的にはまったく役に立たないサイトは、それがそのメーカーのやる気だと判断されかねないわけです。

・・・ん?

元々は「パイロットライブラリーが面白いよ」とお伝えするつもりで書き始めた記事が、なんだかおかしな話になってしまいましたね。しかもかなりの上から目線で結論も曖昧。何が伝えたかったのかもよくわからず、収拾がつかない状態・・・。要するにこういうのが悪いサイト(ブログ)の見本ですよ、と。

更に記事タイトルも意味不明ですよ、とw

やる気はあったんだけどなー・・・。

手帳用紙と筆記具との相性チェック

手帳を選ぶ際にはいろいろな条件がありますが、手帳用紙と筆記具との相性というのも大切な要素ですよね。今まで使ったことのない手帳の用紙と自分が使いたい筆記具との相性を購入前にチェックする一番ポピュラーな方法としては、いまのところ「レビュー」が一番なのかな。だけど、レビューっていうのはあくまでその人の主観ですし、それ以前に筆圧や書き癖も違いますからね。やっぱり自分で試したいし、それ以上確実な方法はないわけです。

で、オイラは前々から思っているんですが、店頭の展示サンプルを、中身の確認用とは別に「試し書き用」として用意してもらうわけはいかないもんでしょうかね。その手帳に自分で持っていったお気に入りペンで書いてみるのが一番手っ取り早いんですよねー。

まあ今の世の中、マナーってものが完全に崩壊しちゃってて、「公共の」とか「みんなで」っていうものはたいがいヒドイことになっちゃってますから、簡単には実現しないとは思うんですが。

やっぱり改めるところを改めてからじゃないと「お願い」はできない、か。

アイデア鉛筆 たった一振りでチャンスをつかむ面白発想法

先日公開された2011年版能率手帳のラインナップをじっくりと吟味しようとJMAM eショップを訪れたら、「アイデア鉛筆 たった一振りでチャンスをつかむ面白発想法」という書籍が7月29日に発売されていることに気付きました。内容的には「筆記具としての鉛筆について」でも、「手帳術について」でもなく、いわゆるビジネス書になるのかな?

中身の一部がpdfで公開されていたので読んでみましたが、お固いビジネス書とは違って「読み物」としても面白そうだったので一応ご紹介しておきます。ご興味のある方はチェックしてみてください。


アイデア鉛筆 たった一振りでチャンスをつかむ面白発想法
渡邊 健太郎
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 1478

今度こそ本当に「全貌」を公開!ほぼ日手帳2011

8月18日の公式発表から、詳細な内容が小出しにしか明らかにされてこなかったほぼ日手帳2011ですが、ようやく全貌が明らかにされました。

改良点
・1時間刻みだった時間軸が30分刻みに
・カズンのデイリーページに「日々の言葉」を掲載
・おまけページを大幅改訂
・カバー内側のポケット位置をセンターに移動し、ポケットの仕様も変更
・年間カレンダーに干支表記を追加
・年間インデックスの土日の行が色帯で分かりやすく
・奥付に3つのQRコードを掲載し、携帯電話からのアクセスが容易に

ほぼ日ストア特典
・OHTOの体温計
・JETSTREAM0.5ミリ3色ボールペン(1101.comロゴ入り)/ライトブルー(特別色)
・しりあがり寿さんのしおり
・TOOLS & TOYSのロゴ入りカバー・オン・カバー(オリジナルサイズのナイロンカバーかプリントカバー単体、または同カバーの手帳セット購入時のみの特典)

その他、オプションやすてきな文房具、そしてようやく価格も公開されましたので、詳細につきましては公式ページを御覧ください。

2011年版の情報公開がなぜこんなにもジラされたのか、そしてそれをそれぞれがどう感じたかは分かりませんが、ジレてた人も、ゆっくりと待っていた人も、ようやく具体的(現実的)な検討に入れる状態になりました。

尚、ここでひとつ、お詫びと言い訳を・・・
8月18日の公式発表をお伝えする記事で、「いよいよ「ほぼ日手帳2011」の全貌が明らかに!」と謳っていたにもかかわらず、実際に行われた発表会で公開された情報はほんの一部だけでした。これはオイラ自身もまったく予想していなかったことではありますが、結果的に記事タイトルとそこでご案内した発表会での内容とに大きな相違があったことは確かです。その点につきましてここにお詫びさせていただきます。m(_ _)m ゴメンナサイ