我流天晴

Home > 2009年12月


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

皆様、良いお年を!

今年もいよいよ大晦日。一年間、このブログにお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。そして来年もまたよろしくお願いいたします。

2009年最後の日は、ルイ・アームストロングのシブい歌声で締めくくりたいと思います。

それでは皆さん、良いお年を。


丑年も終わりですねぇ。

今年も残すところあと僅か。丑年も終わりですねぇ。



ってことでコレ、ウチにある牛のぬいぐるみです。手前にあるティッシュボックスや敷いてある座布団(もちろん人間用の標準サイズ)との比較でその大きさがわかるでしょうか。

買ったのは一回り前の丑年で、今年が買ってから二度目の丑年だったわけです。なので来年は13年目に突入です。

そもそもこれを買ったのは妻がぬいぐるみ好きだったのと、妻の干支が丑だったから。買ったときは恥ずかしかったですねぇ。プレゼントでびっくりさせようという狙いもあり、一人で買いに行ったわけですが、なんせこの大きさですからね。周りの注目度もハンパじゃない。しかも男が一人で買いに来てるわけですから。

レジにもこんなデカいぬいぐるみが入る袋はないわけですよ。なのでレジから駐車場まで抱えていったんですが、買った場所が4階だか5階だったのでエスカレーターです。エレベーターも考えたんですがあの無言の時間がかえっていたたまれないような気がして・・・。もちろんエスカレーターで降りていく間も注目の的でしたよ。正面から見れば牛がエスカレータで降りてきたようなものですから。しかも首にぶら下げられたカウベルは牧歌的に鳴ってるしw

で、車に載せたら載せたで、ほとんど人間が乗ってるのと同じスペースを取るわけです。最初は助手席に乗せたんですが、対向車から見ると助手席に牛を乗せてドライブしているような、まるでアニメのような世界になってしまうので後部座席に。コーナーでの遠心力やブレーキング時に転げ落ちないようにシートベルト着用で座らせてw

そんなこんなで苦労して持って帰ってきたぬいぐるみも、もう干支を一回りしちゃったんですねぇ。ホント、早いものです。そして若かった。今じゃ頼まれても嫌です。あんな恥ずかしい思いはw

・・・なんてことを思いつつ、2009年丑年もいよいよ終わりです。2021年丑年に、オイラはいったい何を思うのかなぁ。

ヘビーユーザーにオススメ!ロディアNO.11とほぼ同サイズのメモパッドが一冊60円!

メモパッドの類は、ここ最近いろいろな種類のものが出回っているけれど、やはりロディアを使っている人が多いのではないでしょうか。実際オイラもロディアを常用しているのですが、この消費量も人によってずいぶんと違いますよね。

例えばNO.11なら一冊189円と、他社の競合する商品と比較すれば特別高くはないのですが、メモを大量に消費するヘビーユーザーにとって、一冊189円というのは決して安くはないと思います。

そこで見つけたのが「商芸文具オリジナルセクションパッド(5mm方眼箋)」。5mm方眼を採用し、サイズもロディアNO.11とほぼ同サイズ。枚数はロディアの80枚に対し100枚と20枚多いです。そしてその価格はナント一冊60円!しかも税込み!!ロディアの1/3以下です。(透明カバー付は210円)

用紙厚は64g/m2でロディアの80g/m2に劣りますが、メモパッドとしては十分でしょうし、場合によっては用途に応じてロディアと使い分けてもいいでしょう。100均で売られている「なんちゃってロディア」でも105円することを考えれば、かなりお得なメモパッドだと言えます。ちなみにオイラ自身もまだ現物を見たわけではないのですが、画像を見る限りではミシン目切り取りではなく天糊タイプのようですね。

ちなみに大きめサイズをお望みの方には☆A4セクションパッド(5mm方眼箋)(315円)もラインナップしており、こちらの方眼ラインは薄いブルー又はグレーから選べます。(ブルー罫はコピーの際にラインが写りにくい)

メモパッドの使い方やその使用頻度は人それぞれだと思いますが、「ざっと書いて、用が済んだら切り取って捨てる」というヘビーユーザーはまとめ買いしておくと便利ですし、コストもかなり抑えられるのではないでしょうか。

 
 
 
 
 
 

コクヨ「ダイアリー座談会」

コクヨの「ダイアリー座談会」がアップされています。

当然のことながら?コクヨ製品をピックアップしての内容となっていますが、ご興味のある方はチェックしてみてください。

ちなみにオイラもSYSTEMIC(システミック)愛用者ですが、これはとても使い勝手がよく、価格も手頃で、オススメできるアイテムです。

ダイアリー座談会<前編>
ダイアリー座談会<後編>


2010年の第1弾はコレかなぁ。【分度器ドットコム】オリジナルセルロイドエクステンダー

2009年もあと僅か。今年もチマチマと文具を買い続けた一年だったけど、年末間近になって突如再燃した「シャープペンシル熱」が、個人的な文具関連の話題としては今年一番かなぁ。あ、それとカトウセイサクショカンパニーの廃番キャップ式ボールペン「ジャポニズム」も印象深いですねぇ。

・・・とそんなことに感慨にふけっていたものだから、これらふたつを足して2で割ったと言うか、それぞれの良さを生かしたって言うか、そんなものに興味のベクトルが・・・。

それは「分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー」。分度器ドットコムがカトウセイサクショカンパニーに依頼して作ったというオリジナルのセルロイド製鉛筆補助軸です。

カトウセイサクショカンパニーのセルロイド軸と黒鉛のコラボとでも言いましょうか、これはかなり魅力的です。

セルロイドの魅力は「懐かしさ」であったり、「美しさ」であったり、「触れたときの手への馴染み」であったり・・・と、人によってそれぞれでしょうが、オイラ自身がその「ならではの良さ」を体験済み。そこへきてここ最近の黒鉛に対するマイブームですからね、そりゃどうしたって惹かれてしまいます。

もちろんカトウセイサクショカンパニーにはセルロイド製シャープペンシルもあるにはあるんですが、ここはやっぱり鉛筆との組み合わせに強く惹かれます。

廃番ボールペンより高価な点がネックではありますが、来年はぜひ手に入れたいですねぇ。

ああ、ジャポニズムとのツーショットが目に浮かびますw