我流天晴

Home > 革製品系雑記


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

ココマイスター、今年最初の再販です♪


2013年最初のココマイスター再販情報は「マットーネ ラージウォレット」と「ブライドル グランドウォレット」。1月15日(火)22時より再販となります。(ブライドルグランドウォレットは「ブラック」と「ロイヤルブラウン」のみ)

先日の記事でもご紹介したようにこの時期に使い始める財布は「春財布→張る財布」ってことで縁起がいいらしいですからね。ご興味のある方はどうぞ♪

財布を物色中(その3 ココマイスター/マットーネラージウォレット)


さて、財布物色企画の第三弾(最終回)は「マットーネ ラージウォレット」。ココマイスターで一番売れているという人気商品です。

外装はバケッタ製法によってなめされたイタリアンカーフ(外装)で、程良いやわらかさとふっくら感。内装にはヌメ革を使用していますので、なめらかな感触も味わえます。両皮革ともまさに「革らしい革」ですので、一番人気も頷けます。



内部の構造はこのような感じで、既にご紹介した2アイテムと基本的には同じです。小銭入れはマチなしですが、サイズ的には「ブライドル グランドウォレット」より大きめ。個人的には「ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレット」のような片マチ付きが理想ですが、まあ許容範囲と言っていいでしょう。

こうして見ると「マットーネ ラージウォレット」は素材的にも構造的にも優等生タイプといった感じですね。そつなく作られているという気がします。大きな欠点がありませんから「無難」といったところでしょうか。反面、個性とか面白みという点では弱めなので、そういったものを求めるユーザーにとっては「パンチ力に欠ける」と感じてしまうかもしれません。

というわけで、今回候補としてあげた3つの財布には素材と小銭入れの違いがあり、オイラにとってその組み合わせが思い通りになっていないのが即断できない理由となっています。「素材面での好み」と「使い勝手」をどうバランスさせるかですねぇ・・・。

まあ既成品を購入する以上、「すべてが自分の理想どおり」ってことはまずないですから、どこかで妥協しなければならないんですが、難しいなぁ。現時点では希望する色が再販待ちになっているモデルがありますし、何よりもまだ先立つものがありませんからゆっくりと決めればいいんですけど、買う時期は別として、自分の中では早くスッキリさせたいですねぇ(^_^;)

財布を物色中(その2 ココマイスター/ブライドルグランドウォレット)


前回に引き続き、ラウンドファスナー財布の検討(検証)。今回は「ブライドル グランドウォレット」。

そもそもオイラが自分用の財布を物色し始めたのは妻の財布を購入したのがきっかけなんですが、最初に「コレだ!」と思ったのがこの財布。理由は「ブライドルレザー」の革製品を一つも持っていないから。しかもずっと気になっている色であるグリーン系もラインナップされてますからねー。(*^_^*)


構造的にはこのような感じ。内装素材にはヌメ革が使用されていますので、その経年変化も楽しめます。

ただ、個人的には小銭入れがちょっと気になるんですよねー。「スタイリッシュなフォルムを維持するため」という理由から、ヒジョーにコンパクト。てか小さい。これがオイラにとってはマイナスポイントなんだよなー。前記事の中でも言いましたが、指先でつまみ出すような形になっちゃうでしょ。それがストレスなんですよねー。お釣りでお札と小銭を同時に渡された時に、お札の上で小銭を滑らせてザラーっと流しこむってのもやりにくい。ま、こういう財布はスマートな使い方を前提としているんでしょうけどね(^_^;)

ならばと、そのスマートさ(上品さ)という点を重視して考えるとですね、だったらかぶせ式のインペリアルウォレットの方がいいじゃないかと。つまりブライドルレザーの長財布をスマートに使いたいなら「かぶせ式」でしょと。そんな風に思えるわけです。

そんな中でせっかくラウンドファスナータイプをラインナップしてくれてるわけですから、それを選ぶユーザーとしては、スマートさよりも「容量」を重視してるんじゃないかなぁ。そうなるとこの「コンパクトな小銭入れ」ってのは的を射ているようで、実は的外れなんじゃないかと。個人的にはそんな気もするんですよねぇ・・・。ブライドルレザー製のラウンドファスナー式長財布ってことで、本来であれば「迷わずコレ!」となるはずなんですが、オイラにとっては小銭入れの小ささを妥協できるかどうかがポイントとなりそうです。

ってことで、次回は3つめ(最後)の候補「マットーネ ラージウォレット」を検証します。

財布を物色中(その1 ココマイスター/ナポレオンカーフヘラクレスウォレット)

10月に入り、2013年手帳の情報収集を始めた方もいらっしゃると思いますが、オイラは9月中に手に入れてしまったので、興味は財布の方に・・・。まあ懐の都合もあるので今すぐにってわけにもいかないんですが、その時になってからあたふたしないためにもしっかりと下調べをしておこうかなと。

ってことで、今回は記事と言うよりも自分の財布選びための検討(検証)。こうして記事化することでそれぞれの財布の特徴を整理し、買うべき財布を確定するのが狙いです。ご興味のない方にとってはまったく無意味な内容となりますのでご了承くださいm(__)m

さて、メーカー的にはね「ココマイスター」で決めてるんです。昨年買ったオイラのサブ財布、そしてつい先日買った妻の長財布もココマイスターで満足度が高かったですし、一度気に入るとそのメーカーにのめり込むタイプなので(^^ゞ

で、今回オイラが狙っているのはラウンドファスナーの長財布。となると、ナポレオンカーフブライドルレザーマットーネの3シリーズに絞りこまれます。


まず1点めは「ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレット」。

昨年サブ財布として買った「L字ファスナー」と同じシリーズです。まだエイジングの途中ではありますが、やはりこの「ナポレオンカーフ」って素材は素晴らしい。L字ファスナーは「ブランデー」だったので、今度は「オリーブ」を育ててみたいなーと思って。


今回候補になっている3種類の財布は、内部構成はほとんど同じで、大雑把に言ってしまえば「素材違い」なんですが、「ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレット」の小銭入れだけ、片側にマチがついているんです。これは妻が買った財布もそうだったんですが、小銭入れが大きく開くのがポイント。ここの開きが小さいと中身の視認性が悪くなるのもそうなんですが、小銭を指先でつまみ出すようなチマチマした感じになっちゃうんですよね。これがオイラにとっては結構ストレスになるんです。ですからこの小銭入れの「片マチ」は、オイラにとって結構大きなアドバンテージとなります。

また他の候補では外装素材とは別に、内側にはヌメ革を使用。そのため、ある程度の馴染みが出てくるまではかなり硬いんですよね。特にカードポケットは最初はきついと思われます。その点ヘラクレスウォレットは内装もナポレオンカーフ。もともとやわらめで薄い革ですので、最初から馴染んだような使い心地が得られます。まあ使い込んでいくうちに革が馴染んでくるというのもエイジングの一つですから、この辺は好みの問題なんですけれども。

欠点、というか好みの分かれるのは素材(オイルドヌバック)の持つ雰囲気と匂いでしょうか。高級素材ではありますが、好き嫌いのハッキリ分かれる素材です。あと、最初は独特の匂いが結構強い。ま、オイラは既にこの素材の財布を持っていて、そのうえで候補にあげていますからどちらもまったく気にならない、というか魅力として捉えていますが。

「ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレット」についてオイラが感じているのはこのぐらいかな。個人的には「Dカン」はなくてもいいんですけど、そうした趣味に合わない部分を考慮しても魅力的な財布です。何よりも現在同じ素材の財布を使っており、それに満足しているので、安心して買えるというのが大きいですね。

ということで今回はここまで。次は「ブライドル グランドウォレット」を検証してみようと思います。

ココマイスターの長財布「アンベリール ヘンドリクス」を買った、いや、買わされました(^_^;)


ココマイスターの長財布「アンベリール ヘンドリクス」をポチっちゃいました~♪

先日このブログでもお伝えしたとおり、アンベリールシリーズは在庫限りで生産終了なんですが、妻がどーしても「コレがいい!」というので買っちゃいました。てか買わされちゃいました(^_^;)

色は「ダークブラウン」。注文直後にこの色が「在庫なし」になったので、まさにギリギリセーフ。ま、最後の1個ということで若干不安な部分もありますが、ココマイスターは購入者の都合による返品・交換であっても送料や手数料が無料(詳細はこちら)ですから、その点も安心。(今回の場合は生産終了モデルなので、万一の場合、代わりの商品をどうするかの問題はありますが、まあ品質重視のココマイスターですから大丈夫でしょう)

うーむ・・・しかし考えてみれば、オイラのココマイスターは「ナポレオンカーフ ボナパルトL字ファスナー」。現在は5800円になってますが、オイラが買った当時は3900円でしたからねぇ。どっちにしてもずいぶん差をつけられちゃったなー。ま、世の「旦那」なんてのは、ほとんどがこんなもんでしょ(^_^;)

さて、あとは到着を待つのみ。自分のものではありませんがオイラも楽しみです。後日レビューする予定ですが、同じ商品は残りの2色も在庫僅少(記事執筆時)となってますので、ご購入を考えている方はお早めにどうぞ♪

【COCO MEISTER/ココマイスター】アンベリール ヘンドリクス