我流天晴

Home > Tag > 高橋書店


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

特殊レイアウトには理由があります!「高橋書店 余白手帳(ティーズフリーダイアリー)2013」

2013年版 No.391 ティーズフリーダイアリー(手帳)
高橋書店の第14回手帳大賞(最優秀作)を受賞し商品化された「余白手帳(ティーズフリーダイアリー)」は、2013年版が2年目となる新しい手帳。当然ながら高橋書店から発売されているわけですが、実質的には「ユーザー発」の手帳ですね。

A5サイズにブロック式マンスリーとバーチカル式ウィークリーを組み合わせた余白手帳(ティーズフリーダイアリー)の特徴は、それぞれのフォーマットを取り囲むように設けられた「余白」。ここをメモスペースや付箋スペース等として、自由に使うことができるわけです。

ブロック式マンスリーだけをみれば、MDノートダイアリーが似たような目的の余白を設けていますが、余白手帳(ティーズフリーダイアリー)ではバーチカル式ウィークリーにも同様の余白を採用。これはなるほどと思わせる一方で、商品化に当たっては勇気がいっただろうと思いますねー。と言っても、今までなかったというだけの「奇抜なアイディア」ではなく、しっかりとした目的あっての設計ですから、商品化は英断だったと思います。(ま、オイラ自身は買ってませんけどねm(__)m)

このレイアウトの目的をざっくりと言ってしまえば「スケジュールページとメモページの一体化」ということになりますが、発案者の公式HPから引用すると、

・メモを俯瞰できる
 (見開きのスケジュール同様、メモまでも俯瞰できる。)

・見開きのスケジュール帳でもメモを取れる
 (メモのスペース不足という、見開きタイプの唯一の悩みを簡単に解決してくれる)

・メモの書き方に自由が生まれる。
 (回りの余白ということで、メモ帳のような規則性が無いので、自由な書き方はもちろん、メモを立体的に書ける。)

・ちょっとしたメモを、ちゃんとしたメモ帳に書きたくない人にも最適。
 (ちょっとしたメモを、メモ帳に書くと、メモが埋もれて、どこに書いたか分からない、というような事を防げる。)

・メモをとる習慣が出来る
 (今まで見開きタイプで、メモをあまり取らなかった人にも、メモ帳のような規則性が無いので、付箋や落書き感覚で、メモの習慣が出来る可能性がある。)


といったことが挙げられています。

これね、「レフト式」を使ってるオイラにはヒジョーによく分かるんです。もちろんレフト式というのは見開きのスケジュール欄ではありませんから、厳密には余白手帳(ティーズフリーダイアリー)とは違いますが、スケジュールページとメモページが見開きの中に共存している点では同じなので、そのメリットの幾つかは共通してると思うんですよね。

で、オイラの場合はホリゾンタル派ですからレフト式か見開き一週間式の選択肢があったわけですが、なるほどバーチカルではそういうわけにはいきませんよね。それをカバーしてくれたのがこの「余白手帳(ティーズフリーダイアリー)」だと見ることもできるんじゃないかな。

ちなみに発案者の方もデメリットとして挙げてますが、余白を広げるので「サイズが一回り二回り大きく」なります。「本体サイズの割にスケジュール欄が小さい」とも言えますね。小サイズ化が難しそうですから、サイズバリエーションの点では不利なレイアウトと言わざるを得ませんが、どの手帳にも長短所はあるので、そのバランスをどう捉えるかはユーザー次第といったところでしょうか。

というわけでこの「余白手帳(ティーズフリーダイアリー)」。特殊なレイアウトであることは確かですが、その理由(目的)はハッキリしています。2013年版はまだ2年目ということで、サイズ/カラーが「A5/エンジ」の1種類しかありませんが、今後の売れ行きやユーザーの要望によってラインアップが充実してくれば、画期的なレイアウトの一つとして認知度や支持率も高まるんじゃないかな。

最後になりましたが2012年版からの変更点を発案者の公式HPから引用しておきます。

・カバーの色が赤からエンジに変わりました:
落ち着いた色合いで、より幅広い層に指示されることを期待致します。

・余白とスケジュール欄のバランス変更:
スケジュール欄が狭いというニーズが多かったようで、スケジュール欄がひと回り大きくなり、より記入しやすくなったかと思われます。

・余白の方眼について:
2012年の6ミリから→5ミリ方眼に変わり、方眼の線が少し薄くなりました。
余白(メモスペース)とスケジュール欄がハッキリと分かれ、それぞれ記入しやすくなったと思われます。

その他、細かいリニューアルがなされておりますが、大きく目立つものは上記の3点です。


特殊レイアウトを採用し、しかもサイズと色が1種類しかありませんから、選択に迷うことはなさそうですね♪

2013年版 ティーズフリーダイアリー(余白手帳)
高橋書店商品ページ
発案者公式HP
Amazon

来年手帳のシミュレーション



こちらは今年の高橋手帳と、来年の能率手帳。

この時期になりますと既に来年の手帳も決まり、今度はその使い方を模索している方も多いと思いますが、オイラもその例に漏れません。今年の良かったところを継承しつつ、不満点を改善できるよう、シミュレーションをしています。




で、こちらは高橋手帳の別冊資料なんですが、最終の2ページが「常用漢字表」になってまして、これがすこぶる重宝しているのです。しかし能率手帳にはこの常用漢字表がありません。となれば、当然これを使いまわしたくなりますよね。

ところがそう都合よくは行かないところが世の中の厳しさ(?)でして、資料の縦サイズが能率手帳よりも長いため、そのままでは収まらないのです・・・。




ということで、この余白部分を上下とも切ってしまおうかと。あ、使うのはもちろん常用漢字表だけで、その他のページは使いません。




で、能率手帳の付属アドレス帳を外して、本体に貼りつけてしまおうと目論んだわけです。幸い、能率手帳の資料ページはすべて手帳本体にあるので、別冊を外しても資料は失わずに済むのです。

しかし、この方法だとマスキングテープの「貼りしろ」がなくなってテープが文字にかかってしまうので、その部分はほとんど見えなくなっちゃうんですよね・・・。まあ、漢字なんてケータイの辞書で調べりゃいいじゃんって話もあるんですが、ここまでくるともう意地ですよw てか、実際ホントに便利なんですよね、これ。

さて、どうしましょうかね・・・。「もう手帳を売ってるの?」と言っていたあの灼熱の8月も今は昔。もう来年まで2ヶ月を切ってるんですよねぇ。

高橋手帳2011

9月16日より、高橋書店の2011年版手帳が公式サイトで公開&販売開始されました。9月中旬の発表は時期としては決して遅くはないのですが、8月初旬から各社の手帳が続々と公開、発売されていることもあり、「ようやく」と感じてしまいますね。

高橋手帳は能率手帳同様、豊富なラインナップを誇る手帳ですので、ここで全てのアイテムを紹介することはできません。なのでここでは2011年版から新たに加わった「シャルム」シリーズをご紹介します。

シャルムシリーズは1~5までの5アイテムで構成されており、B6サイズであることと月間予定表がブロック式である点は共通です。

異なるのは週間予定表で、

見開き1週間レフト式(シャルム1、2)
見開き1週間セパレート式(シャルム3)
見開き1週間バーティカル式/平日重視タイプ(シャルム4)
見開き1週間バーティカル式/土日均等タイプ(シャルム5)

となっています。

各アイテムによって表紙色が違いますが、基本的には週間予定表のフォーマットさえ決まれば自動的に選ぶべき手帳は決まってきますね。ちなみにオイラが見た限りではシャルム1と2は表紙色以外はすべて同じだと思うのですが、もしシャルムシリーズの見開き1週間レフト式を選ぶ方は、1と2の違いが他にもないか、ご自身で再確認してください。

また、2011年版から廃番になったアイテムはこちらで確認できます。

Amazonで高橋手帳2011を探す

メイン手帳を初公開!



前記事からの繋がりってわけでもないんですが、流れってものもありますんで、思い切ってメイン手帳を初公開!

ま、大したことは書いてないんですが、今回はわざと「ピンボケ」にしてありまして、更に「拡大なし」ってことで。m(_ _)m

使ってるのは高橋手帳のNo.43。ごく普通のビジネス手帳です。ま、あえて特徴を挙げれば「リンクアップ式」ってことになりますが、オイラの場合はそれを無視して書き込むことの方が多いですね。

筆記具はジェットストリームの0.5ミリ(黒)に、赤と青の2ミリ芯ホルダー。ま、外出時にはエアプレス1本ってことも多いですし、割と適当です。

赤と青の使い分けに決まりはありません。単に項目(内容)ごとに囲みをつけて分かりやすくしてるだけ。重要な部分は囲み線を太くしたり、アンダーラインを引くなどして目立たせますが、この色使いも適当。性分的に細かいことが嫌い(苦手)なのです。要は自分が分かればいいわけですからw

表紙裏にチラッと見えているのはロディアです。完全な白紙を数枚と、「今度どこそこへ行ったらチェックしよう」と思っているものや、買い物メモなどを書いた紙を入れてあります。その他、マンスリーページやメモページもそれなりに使ってますが、ま、その辺は適当に想像してください。

ちなみに手帳に書いてあるのは仕事のことだけではありません。仕事に関することだけでこれだけページを埋められたら、こんなにボンビーではありませんよw

二種類の手帳とその満足度の関係

さて、前記事の続きで、今度は高橋手帳について。

オイラが2010年版に選んだのは「No.43」。手帳サイズのリンクアップ式です。

これは「ほぼ日カズン」が携帯用としては大き過ぎたことから、携帯用のスケジュール帳として割と安易に選んだのですが、こういうのに限って大正解だったりするわけです。

リンクアップ式については人それぞれにいろいろな使い方があると思いますが、特定の事柄(内容)をピックアップできるスペースがあることは、非常に見やすく、重宝します。4つに区切られたリンクアップスペースにはそれぞれの役割(分類)を持たせるのが基本だと思いますが、特にそういった割り当てをしなくても、これは他のものとは分類しておきたいと思う事柄を自由に書き込むことで、手帳がとても使いやすくなります。

また、カレンダー式の月間スケジュール欄も、一日当たりのブロックが上下に二分割されているので、午前と午後、ビジネスとプライベートなどのように区分することもできますし、分割線を無視してワンブロックとして使うこともできます。

そんなわけでこの高橋手帳はオイラにとっては大当たり。今年はカズンのサブ的な役割をさせるつもりだったので、手帳型の「No.43」を選びましたが、次回はA6サイズの「No.219」あたりが有力候補。で、これをシステミックに収納すると。まあ用紙的にはNo.43に使われているクリーム紙の方が好みではあるんですが、既に現時点でも筆記スペースの狭さを感じているので、サイズを優先するつもりです。

と、いうわけで、2010年もまだ始まったばかりではありますが、自分の選んだ手帳をレビューしてみました。敗因はやはり「ほぼ日を使ってみたい」という気持ちが先行してしまったこと。「ほぼ日ありき」でその使い方を考えてしまったことでしょうか。

まあ結果的にオイラにとってのほぼ日(カズン)は失敗だったわけですが、もちろんそれがこの手帳の優劣ではありませんし、オイラ自身もほぼ日を体感できたことは良かったと思っています。どんな手帳を、どんなに細かに検討しても、実際に使い始めれば欠点は見えてくるものですし、完璧な手帳というのはまずあり得ません。これから4月始まりの手帳シーズンを迎えますが、あまり気張り過ぎずに選ぶことが、結果的に正解(満足)につながるのかもしれません。

そういう意味では、オイラが買った二種類の手帳とその満足度の関係は、「期待の大きさに反比例した」と言えるのかもしれません。