我流天晴

Home > Tag > 革製品


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

MDノートの「5周年限定アイテム」&「ヌメ革カバー」(リニューアル版)

MDノートの発売5周年を記念して「5周年限定アイテム」が発売されたようですね♪

まず一点目が「MDノート コットン」。
柔らかな白さが特徴のオリジナルコットン紙を使用した特別なMDノートで、文庫、新書、A5、A4変形判の4サイズをラインアップ。もちろん180度フラットに開く「糸かがり製本」です。

二点目は「MDノートカバー 帆布」。
倉敷帆布で作られたカバーは丈夫な素材でありながら、使うほどに柔らかさと味わいを増していきます。また、素のままの生地は綿糸本来の色を楽しめます。文庫、新書、A5、A4変形判の4サイズ。(MDノートは付属していません)

そして三点目が「MDノートバッグ 帆布」。
A5サイズのMDノートが入る倉敷帆布製バッグで、外側についたポケットにお気に入りのペンやスマートフォンなどの小物を収納して持ち歩けます。バッグ上部のカシメ穴はフックに掛けたり紐を通したりと自由に使えます。(MDノートは付属していません)

さらにヌメ革製のMDノートカバー。
今回の「5周年限定アイテム」とは別物ですが、「リニューアル」されて白に近い色合いとなっております。サイズは従来モデル(前モデル)同様、文庫新書A5A4変形判の4サイズをラインアップ。ミドリオンラインストアでは別料金で名入れもできます。

というわけで、MDノートの「5周年限定アイテム」&リニューアルされた「ヌメ革カバー」をざっと紹介しましたが、MDノートって発売からまだ5年なんですね。言われてみれば「そうか」と思うけれども、イメージ的にはもっと前からあったような気がしてしまいます。それだけ馴染み深く、ノートの定番として認知されてるってことなんでしょうねー。

「春財布」は「張る財布」で縁起がいいらしい

夫婦揃ってココマイスターの財布を使い、このブログでも度々商品のご案内をしているオイラですから、当然のことながらメルマガ登録もしているわけですが、昨日届いたメルマガに

「春財布」は「張る財布」(財布が膨らむ)で、この時期に使い始める財布はお金が貯まっていく縁起のいいもの。

と書いてありました。もちろんこれはココマイさんの「販促」でもありますが、なるほどそんな縁起の担ぎ方もあるんですね。



ってな前フリをしつつ、今回は「パティーナシリーズ」をご紹介。

「ならでは」の素材を使用したシリーズが多いココマイスターの中では目立たない存在のため、このブログでもきちんと紹介する機会を逸していたシリーズですが、最も革らしい質感と経年変化が魅力の「ヌメ革」を使用したシリーズです。

長財布・二つ折り財布・名刺入れ・BOX小銭入れ・名刺入れ・キーケースの5アイテムをラインアップしたパティーナシリーズは至ってシンプルで、素材の持つ雰囲気とマッチした作り。カラーはヌメ革定番の「ナチュラル」の他、ブラウンとチョコの3色展開となっています。(今回のテーマである「財布」については、現在「ナチュラル」が売り切れ中)

冒頭の話じゃないですけど、財布ってのは「開運」アイテムとして挙げられることが多いですよね。それは「出入り」に関わるアイテムだからということもあるんでしょうけど、いつも身につけている(持っている)ものだからというのもあるような気がします。

まあそんなわけで、縁起を担ぐ人もそうでない人も、何かを新調するにはいい時期ですので、今一度ご自身の財布をまじまじと眺めつつ、「春財布(張る財布)」を検討してみるのもいいかもしれません。

ま、縁起ってのは「気の持ち方」でもありますからね。「いいことが起こるはず」と前向きになれるのであれば必ずしも財布じゃなくてもいいんでしょうけど(^_^;)

能率手帳ワイド/能率手帳マンスリー対応の専用本革表紙カバーが発売♪


能率手帳ワイド&能率手帳マンスリー対応の「専用本革表紙カバー」が発売されました。ベーシックなブラックレザー(牛革)を使用した薄くシンプルなデザインで、名刺ポケットと内寸直径約15ミリのペンホルダーを付属しています。

まあカバーの素材については、その使用環境や好みによって革が適さない場合もありますが、手触り、高級感、そして使い込むに連れて手に馴染んでくる使いやすさと愛着、経年変化・・・等々、革でなくては味わえない要素がたくさんあります。そしてカバーを使ううえで重要である「フィット感」を得ようとするならば、やはりサイズがピッタリの専用カバーがベストですね。

ちなみにオイラが使っている能率手帳ゴールドはカバーではなく「革表紙」なので、手帳を新しくすれば革表紙も新しくなりますが、カバーであれば継続して次の手帳に使えます。どちらがいいかは人それぞれですけれども、長く付き合える点やコスト面で考えればカバーの方が有利ですね。

というわけで、能率手帳ワイド/能率手帳マンスリーの革カバー化をお望みの方はチェックしてみてください。

能率手帳ワイド/マンスリー 本革表紙カバー


2015.7.1
NOLTY公式通販サイトリニューアルにより、リンク先URLが変わりました。お手数ですが各商品情報はこちらから検索してください。

モルフォ社ブランドの正規オンラインショップ「ノイジャパン」で7周年記念イベントを開催中!




モルフォ社ブランド(キプリス/エスクール/ノイ・インテレッセ等)の正規オンラインショップ「ノイジャパン」では、本日2012年11月21日(水)13時~12月21日13時までの期間限定で

1.モルフォ社製品全品送料無料(ケア関連商品等、モルフォ社製品以外は除く)
2.ポイントサービススタート(イベント期間内は10%のポイント還元。通常5%)
3.新規会員登録で300ポイント付与(条件に応じて更にアップもあり)

という内容の「7周年記念イベント」を開催中です!
(「モルフォ社製品全品送料無料」はイベント後も継続)

革製品にご興味のある方はチェックしてみてください♪

モルフォ社ブランドの正規オンラインショップ「ノイジャパン」

革好きも満足の素材♪ キングダムノートオリジナル「大人のロールペンケース」

「キングダムノート」といえば万年筆。中でも高級万年筆を中心とした「USED品の販売」というイメージが強かったのですが、様々なコラボ商品やショップオリジナル商品も出してたんですねー。


そんな中の1つがこの「大人のロールペンケース」。キングダムノートのオリジナル商品です。



主な特徴は↑のとおり。外装にはミネルバ・ボックス、内装にはピッグスエードを使用していますので「革好き」にとってもたまらないアイテムです。

特にピッグスエードですねー。ご存じの方も多いと思いますが、ピッグスエードはピッグスキン(豚革)を起毛させたもの。もともと耐摩耗性に優れ、しかもやわらかいという特徴を持つピッグスキンをさらに起毛させてありますから、内容物に傷を付けたくない場合の内装素材としては最適。そういえばほぼ日手帳のカバーにピッグスキンが採用されたことがありましたね。あのときも「さすがほぼ日、やるなぁ」と思った覚えがあります。

ちなみに外装素材であるミネルバ・ボックスもオイルが抜けにくい、使い込んだ時に独特の色艶が出る、シボによって傷が目立ちにくい(ついても揉み込むと目立たなくなる)といった特徴がありますから、ミネルバ・ボックス(外装)&ピッグスエード(内装)の組み合わせは、ペンケース素材として理想的な組み合わせのひとつと言っていいでしょう。

と言いつつ、オイラの場合はロールペンケース自体が使用環境に合わないので自ら買うことはないのですが、ロールペンケースを物色していれば最有力候補になっていたでしょう。カラーも豊富ですし、ご興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

【キングダムノートオリジナル】大人のロールペンケース