我流天晴

Home > Tag > 筆記具


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

「色彩逢い」で目覚めて「カクノ」に出逢う

先日買ったパイロットの1000円万年筆カクノ。少し遅れて中字デビューもしましたが、それによって細字の出来の良さを再認識しました。もちろん中字も十二分に満足しているんですが、中字がなめらかなのは1000円クラスでもそう珍しいことではない。それに対してカクノ細字のなめらかさは群を抜いていると思います。それはインクフローや純正ブルーブラックインキとの相性の良さもあるでしょうが、とにかくその書き心地の良さに惚れ惚れ。毎日使っています。(*^_^*)

考えてみればオイラが万年筆に興味を持つキッカケとなったのは、発売から間もない「プレラ 色彩逢い」を店頭で試し書きし、そのなめらかな書き心地を体験したことでした。今となってはお恥ずかしい話ですが、当時のオイラの中では「なめらかに書ける万年筆=高級品」で、安価な鉄ペンはインクフローが渋く、引っかるイメージがあったんですよね。そんな誤ったイメージ(実際そういうのもありますが)を払拭してくれたのが「色彩逢い」だったのです。

あれから早数年、オイラも数本の万年筆を使うようになりましたが、今回のカクノが初めてのパイロット万年筆。色彩逢いでのデビューではありませんでしたが、同じペン先を採用するカクノでパイロットデビューすることになったことに不思議な巡りあわせを感じます。

筆記具のリストラをします (。+・`ω・´)キリッ

今更気づいたわけでもありませんし、最近もニューフェイスを何本かお迎えしたばかりですが、手持ちの筆記具の多さに我ながら呆れている今日この頃・・・。

ペン種によってバラつきはありますが、どれをとっても必要以上、特にシャープペンとボールペンの数は尋常ではない。もちろんそれが趣味ですから必ずしも常用することが前提ではありませんし、ある程度の数が集まってしまうのはしかたがない。しかしどう考えても「これはいらないだろ」と思うものが相当数あることも事実で、その処遇を考えています。生意気な言い方をすればオイラの目にかなったものだけにしたい。少数ではなくても精鋭にはしたいと思うわけです。

とは言っても縁あってオイラのもとにきたペンたちですから粗末にはしたくない。戦力外であることは間違いないのだけれど、断捨離するのは忍びがたい・・・。まずは戦力外のものを分類して隔離するしかないですかねぇ(根本的な解決にはなりませんけど)。と同時に今後は審査基準を厳しくして安易な購入を慎まないといけませんね。そもそもこうなった原因はオイラにあるわけですから・・・(^_^;)

というわけで、これから非情のリストラ開始です (。+・`ω・´)キリッ

ほとんどの紙で裏抜けしてしまうトンボの水性ボールペンを救ったのは・・・

日本では水性ボールペンの人気がイマイチですが、オイラは万年筆デビューする前に水性ボールペンで代用していた時期があって、トンボのデザインコレクションシリーズを何本か持っています。


DSCN7127.jpg
ZOOM535


DSCN7138.jpg
ZOOM505bw


DSCN7141.jpg
OBJECT202(赤軸/青軸


と、どれも魅力的なペンなのですが、実は長い間お蔵入りになっていました。それは万年筆デビューしたからという理由もありますが、ほとんどの紙で派手に裏抜けしてしまうから。当時、様々な用紙で試しましたが裏抜けしなかったのはトモエリバーだけ。紙が限定されてしまうとなかなか使う機会がなく、結局お蔵入りになってしまったわけです。

しかし最近になってまさかの救世主に遭遇。それが「キャンパスノート」です!MDノートを始め、万年筆に適しているとされる用紙でも抜けてしまったインクがキャンパスノートでは抜けないのです!

そもそもオイラがキャンパスノート(厳密にはルーズリーフ)を常用するようになったのは一年程前からで、用途は万年筆の雑記用。実際に使い始めてみると手持ちのどのインクでも、Bニブでも裏抜けしない。ならばということでトンボの水性ボールペンを試してみたら・・・おおっ!抜けない! かくしてデザインコレクションシリーズの復活となったわけです(^^)v

裏抜けしない紙さえ見つかればあとはもうウハウハです。もちろんボールペンですから万年筆のなめらかさとは異質のものですけど、とにかく気持ちいい。この極上のなめらかさは水性ボールペンならではのものです。

というわけで使いたいペンがどんどん増え、手が何本あっても足りない状況ですが、無敵のキャンパスノートなら様々なペン種やインクを受け止めてくれますからね。あとはひたすら書くのみです(*^_^*)

それにしてもキャンパスノートってスゴイですねー。高級ノートには高級ノートの良さがありますが、こういう高品質な万能ノート(マルマンのルーズリーフはまだ試してませんが)を常備しておくと役に立ちますよ♪

多色or多機能ペンであることに縛られずに使う

仕事や手帳に便利な筆記具といえば多色or多機能ペン。個人的にはペン種や色を変えて書くということをほとんどしないので重宝することは少ないのですが、それでも何本かは持っています。

ま、ほとんどのものは過去に個別にご紹介しているんですが、今回改めてまとめてみました。

DSCN7066.jpg
まずはこちらが多色ペン。

左(上)から
BICのシャイニー(2色ボールペン)
・ほぼ日手帳2010のおまけでもらった三菱のジェットストリーム(3色ボールペン)
・某社のノベルティでもらったパイロットのFEED GP3(3色ボールペン)
BICの4色ボールペン(オレンジが0.7ミリ ブルーが1.0ミリ)



DSCN7070.jpg
で、こっちが多機能ペン。

左(上)から
無印の「なんちゃってシャーボ」(2+1)(同じものが2本)
モニターでもらったトライストラムスのSMOOTHSTYLE(2+1)
トンボのZoom L102(2+1)
三菱のジェットストリーム4&1(4+1)

というわけでそれぞれ5本ずつの計10本持っているわけですが、ほとんど使ってませんねぇ・・・(^_^;)
中にはもらったペンもありますが、基本的には自分の意志で手に入れたペンですからね。こちらの記事にも書いたように多色or多機能ペンであることに縛られず(こだわらず)、単機能として使っていくのがオイラには合っているのかもしれません。機能を使い切れないよりもペンそのものを使わないほうがもったいないですし、デザインの良いものはそれだけで使う価値がありますもんね♪

日本メーカー3社の1000円万年筆を比較してみました

パイロットのkakuno/カクノを買ったので、日本メーカー3社の1000円万年筆を比較してみました。

DSCN6987.jpg
上(右)から順に
・パイロット カクノ
・セーラー ハイエース・ネオ
・プラチナ プレジール


DSCN7009.jpg
ペン先の比較。(すべてFニブです)

プレジールはカラーニブ(ブルー)だったんですが、すべて剥げまして今はシルバー。個人的にはこっちの方がいいです(*^_^*)


DSCN7012.jpg
インクと線の比較。(一番下の「blue」の綴りが間違ってますがスルーでw)

インクはそれぞれのメーカー純正のブルーブラックで、上から
・パイロット(カクノ)
・セーラー(ハイエース・ネオ)
・プラチナ(プレジール)


で、個人的な感想としては、
【カクノ】
インクフローが良く一番なめらか。さらさらと気持よく書けます。

【ハイエース・ネオ】
書き味は一番硬い気がしますが、それは不快な硬さではなくカッチリと書ける感覚。細軸であることやニブのサイズも手伝って、小さな字が書きやすいです。

【プレジール】
カクノとハイエース・ネオの中間的な書き味でしょうか。アルミ素材にアルマイト加工を施したキャップと軸は1000円万年筆としては豪華で、長期間ドライアップしない密閉度の高さも魅力です。

と、一応比較はしてみましたが入れるインクによっても書き味は変わってきますし、人それぞれに感じ方も違いますから優劣はつけられません。オイラのように低価格帯の万年筆しか使ったことがない人と、高級な万年筆を使い慣れている人では蓄積されている経験や感覚も違いますしね。

ただオイラにとってはどれも楽しく、しっかりと使える万年筆です。デザインとか遊び心という点では海外に劣ることが多い日本のメーカーですけど、やっぱり日本の文具の性能とコストパフォーマンスの高さは世界に誇れると思います(*^_^*)