我流天晴

Home > Tag > 三菱鉛筆


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

ジェットストリームは0.38ミリでも滑らかです♪


発売から約2ヶ月経ちますが、ジェットストリームの0.38ミリ(SXN-150-38/SXE3-400-38)はいいですねー。文房具屋に行く度に試し書きをしては、その書き味に感心しています。

この細さでもジェットストリームの名に恥じないなめらかさ。極細にありがちな引っ掛かりもありません。試し書きの範囲内ではインクの出も安定していて、ダマも出ませんでした。

と、べた褒めしつつ、個人的にはこの細さを必要とする用途が見当たらないので買ってません(^^ゞ
(メーカーが想定している手帳用には0.4ミリのシャープペンシルを使っていて、今のところそれを変更するつもりはないので)

もし用途が見つかれば、替芯を買って野原工芸の細軸で使いたいですけどねぇ。

三菱鉛筆 ジェットストリーム 単色ボールペン 0.38mm(SXN-150-38)
三菱鉛筆 ジェットストリーム 3色ボールペン 0.38mm(SXE3-400-38)

プレスリリース

クルトガ用の替え芯、その名も「クルトガ替芯」(そのまんまw)

三菱鉛筆のシャープペンシル「クルトガ」は芯が回ってトガり続けることが特徴であり、人気の要因でもあるわけですが、そのクルトガ用に開発されたシャー芯(替え芯)が11月16日に発売されるそうです。その名も「クルトガ替芯」。そのまんまですねw

「外側が硬く、内側がやわらかい」従来の芯とは逆の「内側が硬く、外側がやわらかい」構造によって、内側は削れにくく、外側は削れやすくなり、その結果トガりやすく、しかもなめらかに書くことができるんだそうです。

ただ、芯径は「0.5ミリ」、硬度は「HB/B」ということで、今回のラインナップに0.3ミリはありません。技術的なことは分かりませんが、従来芯とは逆の構造ですので、その辺が関係してるのかな?ちなみにケース色は各硬度に3種類(ピンク・ブルー・ブラック)が用意されており、同日発売の「クルトガ ラバーグリップ付」と同じカラーラインナップとなっています。

まあオイラ自身はクルトガを使うことはそんなにないんですけど、妻がヘビーユーザーですので、発売されたら試しに買ってみようかな。オイラ自身も従来芯とどれだけ違うのか興味がありますし。

新開発!トガりやすくなめらかな芯『クルトガ替芯』(プレスリリース)

軸とインクで「ペン」になるんです


野原ボールペン(桑)のインクがなくなったので早速交換。ここ何回かはスタイルフィット用のリフィル(シグノ/ブラウンブラック/0.38ミリ)を使ってます。すっかり飴色に変化した軸とブラウンブラックインクの相性はバッチリです♪

実はシグノのブラウンブラック自体はもう何年も前からキャップ式のプラ軸(UM-151)を持ってたんですが、ほとんど使ってなかったんです。そっちの方がインク量が多くて安上がりだし、もちろん色も気に入ってるのに。

やっぱりね、軸とインク(芯)でペンなんです。どちらかに不満があると良いペンにはならない。そういう意味ではボールペンは一番難しい(厄介)ですよね。ですから野原工芸の細軸ボールペンにスタイルフィット用のリフィルが使えるのを発見した時には狂喜しましたよ。(クリンプ代わりのテープを巻くだけの加工)

まあこれから先、気分であったり、買い足す軸との関係によってインクの変更はあり得ますけど、シグノとジェットストリームが使える野原の細軸ボールペンは外せません(*^_^*)

野原工芸ではスタイルフィット用リフィルを互換芯としていませんので交換は自己責任となります。

シャープペンシルコレクションその52 三菱鉛筆 シャープペンシル


三菱鉛筆の0.5ミリシャープペンシル。ヤフオクでNEWMANのキンピカシャープと抱き合わせ出品されていたもので、型式等の詳細は不明です。



シールの貼ってある部分の反対側に三菱マークが刻印されているだけで、軸にはそれ以外のマークや文字は一切なし。



スリーブは固定式。グリップ部分にはローレット加工が施されていますが、その目の細かさはむしろなめらか。シールの表示が隠れちゃいましたが、当時のお値段は1000円です。軸素材はステンレスかな?程よい重量感と高剛性でしっかり書けるので、硬めの芯でカリカリ書くのに良さそうです。

ま、欲しくて手に入れたものではないのですが、結果オーライです♪

「ジェットストリーム カラーインク」の気になるところ

2/15にプレスリリースのあった「ジェットストリーム カラーインク」。発売が3/15ということでウズウズしている方も多いのではないでしょうか。とは言え、ジェットストリームのカラーインクは今回とはラインナップが異なるものの、2009年10月に限定色を含めた9色が発売されてますよね。

で、その時の個人的な印象として、やはり黒・赤・ブルーブラック以外は発色が良くないということなんですよねー。例えばゼブラ4C芯の油性カラーインクなんかでもそうなんですけど、油性インクの発色の限界みたいなものを感じたのが正直なところなのです。発色の良いジェットストリームインクでもダメだったかぁ・・・みたいな。

そして今回再び登場する「ジェットストリーム カラーインク」。今回はボール径も0.5&0.7ミリの2種類ありますし、果たしてどんな感じに仕上がっているのか、その辺が気になるところです。