我流天晴

Home > Tag > ロットリング


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

Tikky2の0.7ミリをゲット♪(シャープペンシルコレクションその61)

DSCN6757.jpg
先日分度器さんをチェックしていたらTikky2の0.7ミリを見つけ、ラスト1本だったのですぐに捕獲しました。このモデルは一応「製図用」という位置付けなので0.7ミリを意味するISOカラーコード表示(青)があり、お馴染みのレッドリングとともに白軸に映えます♪


DSCN6771.jpg
スリットの入った板状クリップは薄くて開きが良いので、可動式クリップには及ばないものの厚みへの対応度が高そうです。

シャープペンシルコレクションその26 ロットリング300



久しぶりのシャープペンシルコレクションは「ロットリング300」。*00シリーズのローエンドで、樹脂製のモデルです。




このモデルを購入したポイントは、「ブラックボディに赤文字のrotoringロゴ」って部分。あと「0.35ミリ表示」(ISO表示)。どちらも性能にはまったく関係のない要素で、完全な「ルックス重視」ですね。全体的なデザインもいかにも製図用って感じで好きです。ちなみに芯硬度表示は4H~2Bまでをカバーしており、その辺もちゃんと「製図用」してます。




口金はロットリングで言うところの「ツーステップ構造」で、ペン先の視認性が高い形状。スリーブは固定式。軸は六角で、グリップ部分は滑り止め加工のされた丸形である点もロットリングの製図用シャープではお馴染みのスタイルですね。ま、上位モデルとは違ってグリップが樹脂ですが、通常の使用では滑り止め効果に問題はなく、重量バランスも悪くありません。ただ、重量そのものは超軽量(4g)なので、その点で好き嫌いが出るかもしれません。

あと、パイロットのS3とかゼブラのドラフィックス300が300円であることを考えると、ロットリング300の500円ってのはちょっと割高な気がしちゃうんですよね。ま、海外ブランドであること、しかも天下のロットリングってことで妥当なのかな?機種名が「300」だけに、個人的にはそれがそのまま価格だったらいいのに、とか思っちゃうんですがw

ロットリング シャープペンシル ロットリング300の仕様(ホルベインHPより)
●内蔵芯:記載なし(たぶんHB)
●芯径:0.3(0.35)/0.5/0.7
●サイズ/ 重さ:9×143mm/4g
●機構:ノック式

ロットリング300

【ROTRING/ロットリング】RAPID PRO シャープペンシル

【ROTRING/ロットリング】RAPID PRO シャープペンシル

入荷が遅れていた【ROTRING/ロットリング】RAPID PRO シャープペンシルですが、ようやく分度器さんに入荷した模様です。

ツイッターでの分度器さんのつぶやきによると、このRAPID PRO シャープペンシルは、月9ドラマ「月の恋人」でインテリアデザイナーの真絵美役を演じる篠原涼子さんが使っているのだそうです。「RAPID PRO」がクリエイターを対象としたプロ用シャープペンシルということで採用されたのでしょうか。

文具好きの間では注目度の高かった「RAPID PRO」ですが、こういうところに出ると一般の人にも目につき「あのシャーペンは何?」なんてことになってますます注目度が高まるかも?ま、値段を知ってぶっ飛ぶ確率も高いと思いますけどw

しかしそんな注目度とは裏腹に、「RAPID PRO」の初回入荷分は日本国内に500本のみとなっているようで、分度器さんでは予約分を差し引くと既に在庫は少ないそうです。ですから旬のうちに手に入れたいと思われる方は、在庫のあるうちにサクっと購入されるのがよろしいかと思います。


【ROTRING/ロットリング】RAPID PRO 2.0/2ミリ芯ホルダー(ご予約販売)

ちなみに今回入荷したのはシャープペンシル。2ミリ芯ホルダーは更に入荷が遅れており、10日程度遅れて入荷予定だそうですが予約は可能ですので、第一弾の入荷分を手に入れたい方は予約がオススメです。

シャープペンシルコレクションその21 ROTRING/ロットリング TIKKY 4C-Edition

シャープペンシルコレクションの21回目は【ROTRING/ロットリング】TIKKY 4C-Edition




持っているのはブルー、グリーン、パープルの3色で、本来はイエローも含めての4C-Editionらしいのですが・・・




ロゴ部分です。以前ご紹介した「TIKKY RD(製図用)」を比較用として並べてみました。

そう、4C-Editionはレギュラーモデルにはない軸色であることが特徴なのですが、「PAPER MATE by rotring」というロゴが入っていることもポイントなのです。ところがイエローはノーマルロゴ。これがイエローを買わなかった理由です。ま、何色だろうが、どんなロゴが入っていようが、ブツはどれもTIKKY RDですから、興味のない人にとってはどうでもいいことでしょうが。

ちなみにPAPER MATEロゴの入った3色も限定、というか数が決まっているようで、以後のロゴはノーマルになってしまうとのこと。欲しい人は早めに手に入れた方がいいかもしれません。(分度器さんでは既にブルーがノーマルロゴ)




そしてこちらがグリップ部分。RDの特徴的なパターンはそのままですが、ラバー部分の色が違います。4C-Editionのポップなカラーリングに合わせてでしょうか、ライトグレーになってます。

TIKKYシリーズはこうしたカラーバリーションを揃えているとキリがないのですが、これがTIKKYの楽しさでもあります。もちろん書きやすさも抜群。ロットリングには「*00シリーズ」や「rapid」などのモデルがありますが、個人的にはTIKKYが一番使いやすいですね。しかもギリギリ300円台だし。

ってことで、今回はTIKKY RD(製図用)との違いを中心にご紹介しましたので、使用感や仕様は省略。ご興味のある方は「TIKKY RD(製図用)」の記事を見てください。

ちなみにTIKKY RDにはこの他にもTIKKY RD 4C-TOOLSがあり、こちらはパステルカラーバージョンとなっております。ま、TIKKYの色違いをコンプしようとするとホントにキリがないんですが、気になる方はチェックしてみて下さい。

【ROTRING/ロットリング】TIKKY 4C-Edition シャープペンシル

シャープペンシルコレクションその11 ROTRING/ロットリング TikkyⅡ パステルカラー

シャーペンコレクションの11回目はロットリングの「TikkyⅡ パステルカラー」です。先に「Tikky RD」をご紹介してしまったので順序的には逆になってしまいましたが、実はこれ、たまたま寄った店で見つけまして、つい最近確保したばかりの3本です。



上から順に、グリーンパステル、レッドパステル、イエローパステル。パステルカラーシリーズにはあとブルーパステルがあるのですが、残念ながらこの3色しか手に入らずコンプはできませんでした。ま、Tikkyシリーズをコンプしていたらキリがないという話もありますがw




こちらがクリップ周り。平板状で中央にスリットの入ったクリップとそれを支える部分が「Ⅱ」の特徴ですね。




そしてこちらがグリップと口金。グリップはソフトウェーブのエルゴノミック(疲労軽減)デザインを採用し、口金には僅かな段差を残した処理が施されています。






Tikkyシリーズの比較です。上からspecial、Ⅱ、RDですが、specialはシャーペンを持っていないのでボールペンです。こうして見比べると細部がいろいろと変わっているのがよく分かりますね。

で、こうした歴代モデルを比較した場合、必ず出てくるのが「どれが一番いいか」ですが、過去の機種ほど高評価を与える方が多いようですね。ただオイラとしては断言できるほどの差は感じておらず、まああえて言うなら僅差で「RD」かなという気もするのです。

当然この辺は「好み」の問題でもあるのですが、「慣れ」の部分もあるのかなという気もします。よほど大きな違いがない限り、今まで使ってきたものがしっくりくるのは当然ですから。いわゆる「馴染みがある」ってやつですね。

それにspecialやⅡのほうが良かったと言ったところで、これからTikkyを買う人にはRDしかないわけですし、specialやⅡを持ってる人は好みのものを使えばいいだけですからね。なので個人的には、Tikkyシリーズは共通して書きやすいですよとしか言えないかなぁ。そうじゃなければこんなに何本も買いませんからw

ロットリング シャープペンシル TikkyⅡ パステルカラーの仕様(ホルベインHPより)
●内蔵芯:記載なし(たぶんHB)
●芯径:0.5
●サイズ/ 重さ:8×140mm/8g
●機構:ノック式