我流天晴

Home > Tag > ノート


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

ほとんどの紙で裏抜けしてしまうトンボの水性ボールペンを救ったのは・・・

日本では水性ボールペンの人気がイマイチですが、オイラは万年筆デビューする前に水性ボールペンで代用していた時期があって、トンボのデザインコレクションシリーズを何本か持っています。


DSCN7127.jpg
ZOOM535


DSCN7138.jpg
ZOOM505bw


DSCN7141.jpg
OBJECT202(赤軸/青軸


と、どれも魅力的なペンなのですが、実は長い間お蔵入りになっていました。それは万年筆デビューしたからという理由もありますが、ほとんどの紙で派手に裏抜けしてしまうから。当時、様々な用紙で試しましたが裏抜けしなかったのはトモエリバーだけ。紙が限定されてしまうとなかなか使う機会がなく、結局お蔵入りになってしまったわけです。

しかし最近になってまさかの救世主に遭遇。それが「キャンパスノート」です!MDノートを始め、万年筆に適しているとされる用紙でも抜けてしまったインクがキャンパスノートでは抜けないのです!

そもそもオイラがキャンパスノート(厳密にはルーズリーフ)を常用するようになったのは一年程前からで、用途は万年筆の雑記用。実際に使い始めてみると手持ちのどのインクでも、Bニブでも裏抜けしない。ならばということでトンボの水性ボールペンを試してみたら・・・おおっ!抜けない! かくしてデザインコレクションシリーズの復活となったわけです(^^)v

裏抜けしない紙さえ見つかればあとはもうウハウハです。もちろんボールペンですから万年筆のなめらかさとは異質のものですけど、とにかく気持ちいい。この極上のなめらかさは水性ボールペンならではのものです。

というわけで使いたいペンがどんどん増え、手が何本あっても足りない状況ですが、無敵のキャンパスノートなら様々なペン種やインクを受け止めてくれますからね。あとはひたすら書くのみです(*^_^*)

それにしてもキャンパスノートってスゴイですねー。高級ノートには高級ノートの良さがありますが、こういう高品質な万能ノート(マルマンのルーズリーフはまだ試してませんが)を常備しておくと役に立ちますよ♪

ミドリのシロクマノートのレビュー(「緑の白熊」じゃないよw)

DSCN6352.jpg
前回の能率手帳ゴールドに続きまして今回ご紹介するのはミドリのスパイラルリングノート、通称「シロクマノート」(A5スリム)。無地(無罫)のリングノートですが、オイラはこれを2014年の1日1ページダイアリーとして使います。要するに今年使っているマークス・エディットの代わりです(*^_^*)


DSCN6357.jpg
商品特徴はご覧のとおり。こういうのがあると説明が省けていいですねw


DSCN6528.jpg
表紙をめくると1枚目にインフォメーションがあり、


DSCN6521.jpg
2枚目がこちら。


DSCN6523.jpg
そして3枚目以降は無地(無罫)のMD用紙(白)。100枚(200ページ)ありますので1日1ページで約半年分、つまり1年を2分冊して使うことになります。


DSCN6509.jpg
リングはシングル。表紙は表・背・裏が一体になっていますが360度の折り返しもスムーズにでき、背表紙上部にはナンバリングができる程度のスペースがあります。リングノートでありながら背表紙が存在し、そこに文字や印が付けられるのは便利ですね♪

ただオイラの場合は360度に折り返して使う頻度が高いので、背表紙の耐久性が気になるところ。仮に切れてしまうようなことがあってもノートとしての使用には差し支えないと思いますが、1冊を使い切ったときに背表紙の状態を検証してみようと思います。

と、一応レビューらしき記事をアップしましたが、早い話が無地(無罫)のMD用紙のリングノートってことですね。オイラのように1日1ページダイアリーとして使う方はほとんどいないと思いますが、無地ノートにご興味のある方はサイズも4種類ありますのでチェックしてみてはいかがでしょうか♪

【MIDORI/ミドリ】スパイラルリングノート 北国シロクマ柄

あのダイスキンは今・・・



かつてTwitterのTLを賑わせた「ダイスキン」。最近は話題になりませんねー。オイラ自身、ダイソーへ行ってもチェックしなくなっちゃいましたので今でもまだ売っているのかどうかわかりませんが、我が家には一時期買い漁ったダイスキンがまだ20冊程残っており、最近また使い始めたところです。(画像は過去記事のもの)

用途はデスクメモ。これって一時的に必要なだけですから、用が済んだらちぎって捨てられる方が便利なんですけど、横着者のオイラの場合はカットタイプのメモ帳を使っていてもそこそこ貯めこんでしまうことが多いのです。

で、ようやくちぎる(捨てる)気になってそのメモ書きを見ると意外に面白いんです。書いてあるのは電話番号とか時間とか人の名前とか、その時にしか役に立たない内容でそれぞれにつながりもないんですけど、かつて一時的に役に立っただけの文字が紙面のあちこちに不規則に並んでいるのは見ていて楽しい。だったら捨てずに保存するのもありかなと。

そこでダイスキン。デスク上に置いておくにも保管するにも都合のいいサイズと耐久性ですし、もし気が変わってその役目を失うことになっても100円ノートなので惜しくはない。

というわけで、世間的にはすっかり「あのノートは今」状態になったダイスキンですが、我が家では地味に復活しております(*^_^*)

能率手帳ゴールドとシロクマノートが届きました♪

注文していた能率手帳ゴールド(3年目)とシロクマノート(初)が届きました♪

今日は天気が悪く撮影には適さないので写真はアップしませんが、2014年版手帳の入手が本日であったという記録として記事にしておきます。尚、それぞれのレビューについては後日写真とともにアップする予定でおりますm(__)m

2013.10.8
2014年版能率手帳ゴールドのレビュー(変更点中心です)

2013.10.9
ミドリのシロクマノートのレビュー(「緑の白熊」じゃないよw)

遂に決定!オイラの2014年手帳は不動の能率手帳ゴールドと、まさかの・・・

悩みに悩んだ結果、遂に2014年用の手帳とノートを注文しました!

まず、手帳の方は「NOLTY 能率手帳ゴールド」。いろいろ悩みましたが、2014年の「手帳」はこれ1冊のみとし、カンタカルタとエディットは見送ることにしました。個人的な決断ですのでそこに至った理由を述べてもあまり意味はないと思いますが、オイラはスケジュール管理を能率手帳ゴールド(ビジネス手帳)でやってますから、日記や趣味などの純プライベートな用途には必ずしも日付が印刷されていなくても、つまり「ノート」でもいいかなと。

で、エディットの代わりにはミドリの「シロクマノート」(A5スリム/無罫)を使ってみることにしました。日付が印刷されていない、1年が分冊されてしまうなど不便になることもありますが、やはり2014年版エディットの新用紙は筆記具との相性に気を使いそうですからね。日付は自分で入れればいいことですし、シロクマノートは1冊200ページありますから1年を2分冊なら妥協できるかなと。紙面が無地(無罫)になるなど、オイラの希望が叶った部分もありますし。

カンタカルタは「興味」と「興奮」が大きかったかなと思います。もちろん使い途があってのことではありましたが、冷静に考えてみるとわざわざ手帳1冊を用意するほどのことではないなと。正直今でも魅力は感じているんですけど、いい手帳だからこそしっかり使わないともったいないですもんね。

というわけで2014年は不動の「能率手帳ゴールド」と、まさかの「シロクマノート」で決定。これにさりげなく便利な「キャンパスルーズリーフ」を加えた3本柱でどうでしょう(^^)v

2015.7.1
NOLTY公式通販サイトリニューアルにより、リンク先URLが変わりました。お手数ですが各商品情報はこちらから検索してください。