我流天晴

Home > Tag > トンボ鉛筆


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

ほとんどの紙で裏抜けしてしまうトンボの水性ボールペンを救ったのは・・・

日本では水性ボールペンの人気がイマイチですが、オイラは万年筆デビューする前に水性ボールペンで代用していた時期があって、トンボのデザインコレクションシリーズを何本か持っています。


DSCN7127.jpg
ZOOM535


DSCN7138.jpg
ZOOM505bw


DSCN7141.jpg
OBJECT202(赤軸/青軸


と、どれも魅力的なペンなのですが、実は長い間お蔵入りになっていました。それは万年筆デビューしたからという理由もありますが、ほとんどの紙で派手に裏抜けしてしまうから。当時、様々な用紙で試しましたが裏抜けしなかったのはトモエリバーだけ。紙が限定されてしまうとなかなか使う機会がなく、結局お蔵入りになってしまったわけです。

しかし最近になってまさかの救世主に遭遇。それが「キャンパスノート」です!MDノートを始め、万年筆に適しているとされる用紙でも抜けてしまったインクがキャンパスノートでは抜けないのです!

そもそもオイラがキャンパスノート(厳密にはルーズリーフ)を常用するようになったのは一年程前からで、用途は万年筆の雑記用。実際に使い始めてみると手持ちのどのインクでも、Bニブでも裏抜けしない。ならばということでトンボの水性ボールペンを試してみたら・・・おおっ!抜けない! かくしてデザインコレクションシリーズの復活となったわけです(^^)v

裏抜けしない紙さえ見つかればあとはもうウハウハです。もちろんボールペンですから万年筆のなめらかさとは異質のものですけど、とにかく気持ちいい。この極上のなめらかさは水性ボールペンならではのものです。

というわけで使いたいペンがどんどん増え、手が何本あっても足りない状況ですが、無敵のキャンパスノートなら様々なペン種やインクを受け止めてくれますからね。あとはひたすら書くのみです(*^_^*)

それにしてもキャンパスノートってスゴイですねー。高級ノートには高級ノートの良さがありますが、こういう高品質な万能ノート(マルマンのルーズリーフはまだ試してませんが)を常備しておくと役に立ちますよ♪

来年の能率手帳ゴールド用に多機能ペンを買いました♪

DSCN6836.jpg
来年の能率手帳ゴールド用にトンボのZoom L102(多機能ペン)を買いました。製品詳細は以前ご案内しているので省きますが、コンセプトどおり「ライト(Light)&スマート(Smart)」な振り子式多機能ペン(2+1)です。グリップ部分もアルミなので場合によっては滑りが気になることがあるかもしれませんが、ここがラバーだったりゴツい滑り止め加工がされていると洗練されたスマートなデザインが損なわれますからね。個人的には一度に長時間使うこともないでしょうからこのグリップに不満はありません。(ツルツル滑るわけではないですし)

5色ある軸色の中から選んだのは「シャンパンゴールド」。先日発売された同シリーズのボールペンとシャープペンではこの色だけがラインナップから外されてしまいましたが不人気だったのかな?本当の理由は分かりませんがオイラ的にはほぼ迷わずにこの「シャンパンゴールド」を選びました。

この色を選んだ理由は2つありまして、まず1つめは能率手帳ゴールドとの語呂合わせ。要するに「ゴールド繋がり」で合わせたかったんです(^^ゞ

そしてもう一つの理由が「やかん色」であったこと。シャンパンゴールドという洒落たネーミングですが、オイラに言わせれば「やかん色」です。特にこの軸はアルマイト仕上げがされていますから、アルマイトといえばやかん。アルマイトやかんといえばレトロ感溢れるこの色です!洗練されたスマートなデザインと懐かしさを感じるレトロなカラーの組み合わせ。ここがオイラ的なポイントです(*^_^*)


DSCN6853.jpg
正面には「Zoom L102」の文字。


DSCN6864.jpg
裏側には個人的に初となるトンボの新ロゴ。

ちなみに今、オイラは能率手帳ゴールドにはシャープペンを使っており、来年もそれを変えるつもりはありません。なので基本的にはこれをシャープペンとして考えてます。Zoom L102には単体のシャープペンもありますがデザイン的には断然こっちの方がカッコイイですし、シャンパンゴールド(やかん色)があるのは多機能ペンだけですからね。

ま、ボールペンがあれば外出時にも重宝しますし、一応手帳用という名目で買いはしましたがそれは自分を納得させるための言い訳でもあるからなぁ。あまり細かいことは考えず臨機応変に使うのが正解なのかもしれませんね。何はともあれ、ヒジョーに気に入っています(*^_^*)

手帳用筆記具として「ZOOM L102」の多機能ペンはいかがでしょう。

トンボ ZOOM L102 ボールペン ダリアピンク BC-ZLA83トンボ ZOOM L102 シャープペン シルバー SH-ZLA04トンボ ズーム ZOOM L102 多機能ペン ネイビー SB-TZLA44

先日、トンボのZOOM L102シリーズに油性ボールペンとシャープペンが追加されまして、シャープペン好きのオイラも当然チェックしてみたんですが、既発売であった多機能ペンの方に興味を惹かれてしまいました。もちろんその存在は知っていたんですが、オイラは多機能ペンをほとんど使わないので発売時には興味がなかったんですよね。だけど今回改めて見てみると「こりゃいいじゃないか」と。

多機能ペンはボールペンの色数や繰り出し方式、価格帯等によって様々なモデルがありますが、ZOOM L102は黒ボールペン(0.7ミリ)/赤(0.7ミリ)/シャープペン(0.5ミリ)の振り子式ノックで2100円。ボールペンリフィルは4C規格ですので、インク色やボール径等のお好みによる交換にも広く対応できます。

デザインコンセプトは「Light & Smart」。厚さ0.4ミリのアルミ管等、軽量部品の採用によって本体重量は19g。ペン先から首軸までシームレスな流線型デザイン(軸径10.5ミリ)、カラーはメタルの光沢を活かしたアルマイト仕上げの5色。(詳細はこちら

で、このZOOM L102の多機能ペン。「手帳用」としてどうでしょう。事務用途なら数百円で買えるプラ軸のスライダーノックが使いやすいと思うんですけど、やはり手帳用となればちょっとはカッコつけたいですよね。ところがそういう目線で探すと高価なものばかりが目に付いてしまう。そんな中、このZOOM L102はそこそこの高級感とスマートなデザインで2100円。現時点ではAmazonで1600円を切ってます。ライバル的な存在を挙げるならばステッドラー アバンギャルドライトあたりですかねー。(個人的にはZOOM派ですけど)

まあ文頭でも言ったようにオイラはほとんど多機能ペンを使わないので、そんなオイラが他人様におすすめするのはおこがましいんですけれども、ご興味のある方はチェックしてみてください。

ちなみに多機能が必要ない方は、更に低価格で軽量の単機能モデルをチェックしてみてください。単機能ボールペンは「超低粘スマートインク」を採用してます♪

さて、オイラはどうしましょうかねぇ。普段なら迷わず単機能のシャープペンですが、この多機能ペンは魅力的だよなぁ。

プレスリリース
【トンボ鉛筆】ZOOM L102(多機能ペン)
【トンボ鉛筆】ZOOM L102(ボールペン・シャープペンシル)

Amazon
【トンボ鉛筆】ZOOM L102シリーズ一覧

2013.11.12
来年の能率手帳ゴールド用に多機能ペンを買いました♪

ホルダー消しゴム「モノワン」(MONO ONE)にエアタッチとダストキャッチが新登場♪


一文字消しに最適な認め印サイズのホルダー消しゴム「モノワン」(MONO ONE)に、サラサラタッチの「モノワン エアタッチ」と、消しクズが消しゴム本体にくっつく(紙上に残らない)「モノワン ダストキャッチ」が追加されました。(ダストキャッチは消しゴムの汚れが気にならない黒色の消しゴム)

今は消したい範囲によって消しゴムを使い分けできるようになり、オイラも先日「モノゼロ」を買って使ってますが、ホルダー型って本当に便利ですよねー。「一般的」なのは四角い消しゴムの方だと思ってましたが、個人的には狭い範囲を消すことの方が多く、ホルダー型の使用頻度の方が高いような気がします。品質もどんどん良くなり種類も増えて、ホルダー型はもう「特殊」ではありませんね♪

プレスリリース
モノワン エアタッチ/モノワン ダストキャッチ発売

手帳用消しゴムとして「MONO zero」を買いました♪

DSCN4620.jpg
いつもはころころ変わってしまうビジネス手帳用の筆記具が、今年はシャープペンシルのまま4ヶ月続いているので、手帳用の消しゴムを検討。「モノゼロ」(丸型)を買ってきました。

いやぁ、今更ながらピンポイントで消せるって便利ですねー。120ミリという軸の長さも絶妙だし、消したい箇所もよく見えるし、とても使いやすいです♪

能率手帳ゴールドの雰囲気にはブラックやシルバー軸の方が合いそうな気もしましたが、やっぱり「MONO」といえばこのカラー。一目で消しゴムだと分かりますしね。

ちなみにモノゼロはこの細さでピンポイントに圧がかかるので、折れにくく、紙面を傷めにくい合成ゴム消しゴムを採用。「消す」という点ではプラスチック消しゴムに若干劣るらしいですが、一般的な使用においてはほとんど差を感じることなく、言われなければ気づかないと思います。

ま、消しゴムってのは使わないで済めばそれに越したことはないんですけど、モノゼロはやたらと消したくなってしまう使い勝手の良さです♪