我流天晴

Home > Tag > トライストラムス


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

trystrams(トライストラムス) ノート&メモのレビュー

それでは先日の記事の続きということで、今回は残りのアイテムを一気にご紹介します。本日ご紹介する品々はセットで使った時にその真価を最大限に発揮できる商品ですので、少し長くなってしまうと思いますが一記事にまとめます。(商品自体は単品販売です)


さて、本日ご紹介するのは以下の3点。
(オレンジのノートが逆さまになってしまいましたw 正しくは左開きです)

・スティッキーノート(カットオフ)・KNOWLEDGE STOCK(THM-KM04 /577円)
・コピーメモ・KNOWLEDGE STOCK SERIES(THM-KM02 /577円)
・ツインリングノート・STATIONERY HACKS! COLLABORATION(THM-KR03/945円)

これは「名刺サイズ管理術」をテーマとしたシリーズアイテムとなります。



まずはこちらが白表紙のスティッキーノート。



簡単に言えば、名刺サイズの付箋ですね。紙面はドット方眼で、上下二段を名刺サイズで分割(カット)済みです。また、糊付けされた部分はミシン目で切り離すことができるので、糊が不要な場合にも便利。(但しその分、名刺サイズより小さくなりますが)

これは単体で使うことももちろん可能ですが、基本的には後にご案内するリングノートとセットで使うことで「名刺サイズ管理術」となるわけです。

で、それはそれとしていいんですが、実はここでひとつの疑問が・・・。このスティッキーノート本体は、なぜ二段構成(名刺二枚サイズ)になっているんでしょうか?

例えばこの名刺二枚サイズ全面に筆記ができ、かつミシン目によって名刺サイズにも切り離せる2way仕様というのなら分かります。しかしこれは最初から名刺サイズにカットされているわけで、だったら最初からそのサイズにした方がよかったんじゃないかと。そうすれば携帯にも便利だし、それによって販売価格も下がります。枚数不足だというのであれば、厚さで対応すればいい。必ずしも枚数を倍にする必要はないでしょうし、仮に厚さが倍になっても面積が倍よりはいいと、個人的にはそう思うんですけどね。てか、名刺サイズであることをアピールするうえでも、一般的なブロックメモとは明らかに違う本体サイズで訴求したほうがいいと思うんだけどなー。



次に黒表紙のコピーメモ。情報の共有、改ざんや水掛け論の防止、同じ伝言を一度に作る・・・など、人によって用途や使用頻度には差があると思いますが、一冊持っていると便利そうなアイテムです。

ノンカーボン紙を採用し、5枚程度の複写が可能とのこと。ただ、複写可能枚数は筆圧にもよりますので、5枚という数字よりも「複写できる枚数が多い」というところがポイントなのだと思います。



紙面はブルー罫線の横罫。前述のスティッキーノート同様、名刺サイズが上下二段に配されています。但しこちらは付箋ではない(糊はついていない)ので上下をカット処理しておらず(できない)、ミシン目によって切り取りが可能になっています。

ということでこれも本体が名刺の倍サイズなんですね。まあこちらの場合はミシン目仕様なので全面に書くこともでき、場合によっては重宝するかもしれません。ですが、そもそもの「名刺サイズ管理術」ということを考えると、思い切って名刺1枚サイズで割り切ってもよかったのではないかと、どうしてもそう思っちゃうんですよねー。



そして最後がツインリングノート。これが「名刺サイズ管理術」の核となります。サイズはスリムB5サイズ(153×252×13mm)。



まず表紙を開くとこんな感じ。



さらに右側のフラップを開くと使用法(例)があり、



中身のノートはこんな感じ。

紙質はスベスベで、ペンが気持ちよく走ります。また、比較的薄手の紙ですが手持ちの万年筆インクでも乾きが早く、抜けもありませんでした。ただ、このノートの使用シーンを考えると、基本的には油性ボールペンやシャープペンで書く人が多いのではないかと、つまり先日レビューしたマルチペンを使用することがメーカー側の狙いでもあるのかなという気がします。



ノートの後ろには名刺サイズが4枚収納できるクリアホルダーが3枚(計12枚収納可)。ここには名刺サイズメモはもちろん、主要取引先の名刺をストックしておいても良さそうですね。



さらに、仕切りなしのクリアホルダーも1枚付いていますので資料などもストックできます。



右側のフラップは「アイディアボード」となっており、スティッキーノートに書き込んだアイディアやToDo、簡単なスケジュール等を貼ったり、ボードをページに挟んでしおり代わりにすることもできます。また、アイディアボードにはドット方眼が印刷されているので、貼付けも整然とできます。



使用イメージ。



シリーズ商品との連携イメージ。


というわけで、以上がこのシリーズの概要。

一般的なノートやメモと違い、こうしたシステムを必要とする人は限定されます。しかしその分用途を絞り込んだ作りになっており、その中である程度の自由度を残しているので、自分のライフスタイルにうまく取り入れることができれば強い味方になりそうです。

今回商品を手にして思ったのは、できればカレンダーが欲しいなと。ただそれをやってしまうと商品寿命が一年になってしまいますから、このノートでそれをやるのであれば自作カレンダーを貼り付けてしまうのがいいのかな。でも、このシリーズでダイアリーを作っても面白そうですよね。かと言ってあまり厚く、重くなるのもなるのもいただけませんし、おおまかなスケジュール管理が出来れば十分だと思うので、ブロック式のマンスリーあたりがいいのかな。

ネックになるのはやはりお値段でしょうか。特にスティッキーメモは使用頻度が高いアイテム。ちょっとしたメモやアイディア出しにガンガン使うには気が引けるお値段です。まあブランドイメージもありますからあまり安すぎてもそぐわないかもしれませんが、消耗品ですからねぇ。

そんなわけでオイラの採点としては80点、いや、85点でもいいかなー。よく工夫されているし、情報の一元化をスマートにできるツールだと思います。価格やメモ本体のサイズなど、個人的に気になるところはあるけれど、それは致命的レベルの欠点ではないし、享受できる恩恵とのバランスにもよると思うので。

まあ何はともあれ、今回のモニターはなかなか有意義だったなー。マルチペンも今回のようなノートもオイラ的には普段あまり使わないアイテムなので、いろいろと勉強になりました。まあどんな商品でも長短所はありますし、人によってそのポイントも違いますからね。そういう意味では今回モニターした商品はそれなりのレベルにはあったと思います。(上から目線w)

Smart Work Shop
Smart Work Shop(facebook)

trystrams(トライストラムス) マルチペン・SMOOTHSTYLEのレビュー

先日の記事でご報告した「Smart Work Shop」の商品サンプリング(モニター)ですが、とりあえず「マルチペン・SMOOTHSTYLE(THF-PK01 /3,150円)」の方を使ってみましたので、そのレビューをば。


オイラのところに送られてきたのはメタリックブルー軸。真ちゅうに電着塗装がされた軸で、全体としての重量感は程良い感じなんですが、かなりリアヘビーですね。軸色は他にもシルバー・カーキ・ピンクがあり、全4色。

比較として無印のマルチペンを並べてみました。どちらも「2+1タイプ」の回転式マルチペンですが、SMOOTHSTYLEの方が細い(φ10)ことがお分かりかと思います。その細さゆえ結構長く見えるんですが、実際は135mm。



クリップには「trystrams」の文字が刻まれており、このクリップを回転させてペン(芯)を切り替えるというのが特徴。左右どちらにも回すことができます。

ただ操作性という点で考えるとどうでしょう。個人的には「片手での切り替えがしずらい」というのは、この手のペンでは致命的な欠点だと思うんですけど・・・。

こうしたペンの切り替え方法は「ノック式」(スライダー式・振り子式)と、シャーボなどに代表される「回転式」がありますが、どれも片手での切り替えが可能です。しかしこのSMOOTHSTYLEの場合は回転式ではあるものの、クリップを回転させる方式を採用しているため、片手での操作は不可能とは言いませんがやりづらいです。もちろんペンの切り替え頻度は人によって違うでしょうが、頻繁に切り替える人にとっては不便を感じそうな気がします。

てか、個人的にはスライダー式が最強だと思ってるんですよね。ただ高級ラインやお洒落ラインにはデザイン的にそぐわないんでしょうか、ほとんど採用されませんよね。だけどあれ、やっぱり便利ですよ。スライダーの色で直感的に(瞬時に)ペン種や色が分かるし、目的のペンをダイレクトに出せますし。(但しシャープペンのノックをクリップでするのはキライだけど・・・)

そもそもこうした類のペンというのは、複数のペンを一本にまとめるという「機能性」を追求した結果として生まれたものだと思うんですよね。だからその後デザイン面をブラッシュアップしていくことも大切なのは分かるんだけど、根本である機能性とその操作性を損なわない(犠牲にしない)デザインでなくてはならないと思うのです。

なのでオイラとしてはデザイン性を兼ね備えたスライダー式の多機能・多色ペンを検討して欲しいと、常々思っているのです。(更に言えば、そのうえでシャープペンのノックは軸尾のノックボタンでしたいのです)



ちなみにクリップはこのような形状になっており、シャープペン使用時のノックボタンにもなっています。また、クリップは軸に触れておらず、ツメもありません。これは「ペン(芯)の切り替えのためにクリップを回転させるから」という理由によるものだと思いますが、個人的にはこれが別の意味でもメリットになりました。



それは手帳へのクリップ。オイラは能率手帳ゴールドを使っているんですが、この手帳にはペンホルダーがついていないんですね。かといって普通のペンでこのようにクリップすると、それを繰り返すうちに表紙がダメージを受けてしまうわけです。

しかしこのペンの場合には前述の隙間と、クリップにも軸にもツメがないフラットな構造によって、手帳にほとんど負荷をかけずにクリップできるのです。さらにノックボタンを兼ねた形状なので、手帳からの飛び出しも最小限で済みます。(^^)v

ただ、例えばワイシャツのポケットのような薄い布地にクリップすると、クリップ力不足で落下の恐れがありますので、用途によってメリットにもデメリットにもなる特徴といえそうです。



リフィルやシャー芯の交換など、内部へのアクセスは軸を引っ張るだけ。軸はワンピースです。

ボールペンリフィルは4C規格ですので互換芯も豊富。ですがこのデフォ芯がなかなかのもので、とてもなめらか。低粘度インクのように滑りすぎることもなく、油性インクならではの書き味を楽しめます。とは言っても、コクヨの4Cリフィルを近所の店で探すのはかえって大変かもしれませんが(^_^;)

参考(コクヨ4Cリフィル)
PRR-YK7D(黒)
PRR-YK7R(赤)



ボールペン。



シャープペン。

どちらも気になる程のグラつきはなく、この手のペンとしては平均的。

というわけで、オイラの採点としては70~75点ぐらいかなぁ・・・。マイナス要素は切り替えのしづらさとリアヘビーな重量バランス。ただ、このペンが持ついくつかの特徴は、好みや使用環境によって長所にも短所にも、またはどうでもいいことにもなりうるので、使う人によってその採点も大きく変わってくると思います。

Smart Work Shop
Smart Work Shop(facebook)
trystrams/トライストラムス マルチペン・SMOOTHSTYLE(pdfカタログ)

trystrams(トライストラムス)のモニター商品が到着~♪

実は先日、trystrams(トライストラムス)商品を専門に取り揃えている「Smart Work Shop」の商品サンプリング(モニター)の依頼(お誘い)があり、引き受けさせていただいたんですが、今日その商品が届きました。


届いたのは、
マルチペン・SMOOTHSTYLE メタリックブルー(THF-PK01 /3,150円)
ツインリングノート・STATIONERY HACKS! COLLABORATION(THM-KR03/945円)
コピーメモ・KNOWLEDGE STOCK SERIES(THM-KM02 /577円)
スティッキーノート(カットオフ)・KNOWLEDGE STOCK(THM-KM04 /577円)

まあ今日のところは「商品が届き、これからモニターしてみます」という報告的な内容で、実際に使ってみての感想(レビュー)はもうしばらく後になりますが、とりあえず見た感じや商品説明を読んだ限りではかなり期待できそう♪

ちなみに今回の商品サンプリング(モニター)をお引き受けするに当たってお金はもらっていませんが、ご覧のとおりモニター用の商品はご提供いただいております。しかしもちろん今後のレビューについてはそういったこととは関係なく、あくまで自分の本心でレビューしますので、その点は誤解のないようにお願いしますm(__)m

【参考】
Smart Work Shop
Smart Work Shop(facebook)

2012.3.20追記
trystrams(トライストラムス) マルチペン・SMOOTHSTYLEのレビュー

2012.3.22追記
trystrams(トライストラムス) ノート&メモのレビュー

デジタル派も要チェック!「2011年版trystrams(トライストラムス)ダイアリー」

コクヨS&Tが展開するオリジナルブランド「trystrams(トライストラムス)」から、2011年版ダイアリーが発売されます。メインとなる「ダイアリー2011<LIFEHACK PLANNER>(ライフハック プランナー)ウィークリー・バーチカル」を含む7種がラインナップされ、2010年9月10日以降、順次発売予定です。

ここ数年手書きが見直され、手帳が一種のブームのようになっている一方で、スマートフォンのヒットを背景にインターネット上でのスケジュール管理をメインにする方も増えています。一般に手書きの手帳を使っている方はアナログ志向だと思われがちですが、デジタルとのバランスの取り方は人それぞれで、「手帳ユーザー=アナログ志向」とは限りません。

今回発売されるtrystrams(トライストラムス)の2011年版ダイアリーは、ネット上でのスケジュール管理では対処できない「手書き」ならではの機能である「一覧性、書き込みのしやすさ」を生かしたコンテンツと、こだわりのデザインを通じて、ユーザーのスマートなワークスタイルをサポートするというもの。通常はネット上でスケジュール管理されているデジタル派の方も要チェックの手帳です。

詳細は以下の各リンク先にてご確認下さい。

コクヨプレスリリース
「trystrams(トライストラムス)」ホームページ

追記:2010.9.8
ワキ文具さんで一部入荷&予約開始。

追記:2010.9.12
LIFE HACK PLANNER 公式ガイドブック2011年版
小山 龍介
東洋経済新報社
売り上げランキング: 103733

「コクヨ×オロビアンコ」の文具シリーズ『オロビアンコステーショナリー』第1弾


『コクヨS&Tはイタリアのバッグブランド「オロビアンコ」のデザインによる「オロビアンコステーショナリー」シリーズ第1弾を10月20日に発売する。ダイアリー、ノートカバー、メモカバー、ペンケースをそろえ、価格は5200~9800円。素材には、オロビアンコのバッグにも使われているイタリアのリモンタ製の高密度ナイロンを採用し、通常のナイロンと比べて発色が良く、軽さと丈夫さに優れているという。「こだわり志向が強いビジネスパーソン」をターゲットとした新ブランド「trystrams(トライストラムス)」から発売される。』

ちょっとお値段は張りますが、なかなか魅力的なシリーズですねぇ。個人的に狙うとすればペンケースあたりかなぁ。

プレスリリース
「オロビアンコ ステーショナリー」4アイテムを発売
オリジナルブランド「trystrams(トライストラムス)」を発売