我流天晴

Home > Tag > セーラー


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

日本メーカー3社の1000円万年筆を比較してみました

パイロットのkakuno/カクノを買ったので、日本メーカー3社の1000円万年筆を比較してみました。

DSCN6987.jpg
上(右)から順に
・パイロット カクノ
・セーラー ハイエース・ネオ
・プラチナ プレジール


DSCN7009.jpg
ペン先の比較。(すべてFニブです)

プレジールはカラーニブ(ブルー)だったんですが、すべて剥げまして今はシルバー。個人的にはこっちの方がいいです(*^_^*)


DSCN7012.jpg
インクと線の比較。(一番下の「blue」の綴りが間違ってますがスルーでw)

インクはそれぞれのメーカー純正のブルーブラックで、上から
・パイロット(カクノ)
・セーラー(ハイエース・ネオ)
・プラチナ(プレジール)


で、個人的な感想としては、
【カクノ】
インクフローが良く一番なめらか。さらさらと気持よく書けます。

【ハイエース・ネオ】
書き味は一番硬い気がしますが、それは不快な硬さではなくカッチリと書ける感覚。細軸であることやニブのサイズも手伝って、小さな字が書きやすいです。

【プレジール】
カクノとハイエース・ネオの中間的な書き味でしょうか。アルミ素材にアルマイト加工を施したキャップと軸は1000円万年筆としては豪華で、長期間ドライアップしない密閉度の高さも魅力です。

と、一応比較はしてみましたが入れるインクによっても書き味は変わってきますし、人それぞれに感じ方も違いますから優劣はつけられません。オイラのように低価格帯の万年筆しか使ったことがない人と、高級な万年筆を使い慣れている人では蓄積されている経験や感覚も違いますしね。

ただオイラにとってはどれも楽しく、しっかりと使える万年筆です。デザインとか遊び心という点では海外に劣ることが多い日本のメーカーですけど、やっぱり日本の文具の性能とコストパフォーマンスの高さは世界に誇れると思います(*^_^*)

春も仲秋、いつでも仲秋。だから定番化して欲しい

DSCN4526.jpg
セーラージェントルインク「仲秋」。

「仲秋の名月を浮かべた輝くほどの夜空」、つまり「秋」をイメージしたインクですが、オイラはこのインクが超お気に入りで「春」も使ってます。ってか、「一年中」使ってます。


DSCN4543.jpg
このインクを入れている万年筆はプレジール(中字)。インクのイメージと軸色はちょっと合わないのですが、手持ちの万年筆の中で、仲秋との相性が一番いいように思えるので。

とは言っても所詮は1000円万年筆。しかもペン先は200円万年筆「プレピー」と同じですからね。もっといい(本格的な)万年筆を使えばより一層の味わい深さがあるんでしょう。だけどオイラの場合はまだ万年筆を上手に使いこなせないので、いい万年筆だと緊張して(ビビって)しまい、楽しくないのです。なのでこのプレジールで書くのがいい。書き味も硬いし線の美しさにも欠けるけど、余計な気を使わなくていいので、高級万年筆とは別の意味で楽しめるのです(*^_^*)

残念なのはこのインクが「限定品」であること。今後定番化されない限り、このボトルが空になった時点で終わりですから思い切って使えない。写真からも分かるようにまだあまり減ってないでしょ。だけどインクもある程度の期間で使いきってやらないとそれはそれでまずいし、消費ペースが難しい。(自分のペースで使えない)

というわけで、セーラーさんにはこのインクを是非とも定番化していただきたい。何なら毎年秋にだけ発売する「季節限定」でもいい。ビールやお菓子にもそういう限定品があることですし、前向きに検討していただきたいですm(__)m

万年筆インクを買いたくなる季節ですねー

「○○の秋」と言われるように、秋は何をするにももってこいの季節。

まあ気の多いオイラですから各分野に興味は尽きないわけですが、その中の一つが万年筆インク。高級万年筆を持っているわけではないのですが、インクを楽しみたくなる季節ですよねー。

セーラー万年筆 万年筆用ボトルインク ジェントル エピナール 131000260
で、今欲しいなーと思ってるのがコレ。セーラー万年筆のジェントルインク「エピナール」です♪

ちなみにエピナール(epinard)ってのはフランス語で、和訳すると「ほうれん草」。訳しちゃうとあまりカッコよくないけど、色のイメージはつかみやすいですよね。オイラは緑系の万年筆インクを持っていないので、この秋はこの「ほうれん草」を味わいたいなぁ。ボールペンインクになりますけど、シグノ(三菱鉛筆)のグリーンブラックは割と好きな色なんで、それ系の色を万年筆で使ったら楽しいだろうなと想像してます。

それと11月に発売予定になっているパイロット色彩雫の「竹炭」。これにも興味津々。「エピナール」の話とは矛盾しちゃうかもしれませんが、どうやらオイラは黒系インクが好きみたい。たまに違う色も使うけど、結局黒系に戻ってきちゃうんですよねぇ。

ちなみに今持っているボトルインクはジェントルインクの「仲秋」と「ブルーブラック」、色彩雫の「霧雨」の3本。「仲秋」と「霧雨」はグレー系と言うのかもしれませんがオイラの大雑把な分類では黒系ですし、セーラーのブルーブラックも一般的なものよりかなり黒が強いですからね。ま、黒系というか「暗い色」が好きなのかも。

あと、インクの質(粘度)っていうんですかね、それだとセーラーのジェントルインクが好みに合います。パイロットの色彩雫はちょっと水っぽくて苦手なので、そういう意味では「竹炭」が色彩雫シリーズなのがちょっと残念。ま、万年筆に精通してる方は、そうしたインクの特性に合わせて万年筆をチョイスしたりもするんでしょうけど、オイラの場合はそういうレベルじゃないので(^^ゞ

ってことで、この記事を読んでもお分かりの万年筆初心者ではありますが、万年筆はいろんなインクを使えるのが楽しみのひとつですからね。「沼」にはまらない程度に遊びたいと思っています。

【ARTAMIRA(アルタミラ)×セーラー万年筆】ボールペン3種&万年筆4種



いわゆる高級ボールペンというとクールなデザインのものが多いのですが、ARTAMIRA(アルタミラ)のボールペンはアーティスティックでありながらもポップでファンシーな雰囲気が魅力。もちろん品質にもこだわっており、本体はセーラー万年筆とのコラボレーション(プロフェッショナルギアスリム)、プリントは加賀蒔絵師の協力のもとに製作されており、3人のデザイナーによる3モデルがあります。


作家:長浜孝広
象やキリン、木々や湖など、柔らかな曲線で描かれたキャラクターが鮮やかな色で展開され、キャラクター達がストーリーを語り出すような楽しいデザインです。



作家:山田ゆりか
草花や葉っぱ、ビンや食器など、身近なものを作家独特のフィルターを通して描かれたモチーフが散りばめられた、かわいいデザインです。



作家:遠藤拓人
純白色の生地に上品に描かれているのは、繊細な筆致で描き出されたカタツムリと芥子の花。シックな黒一色の線画で描かれており、和の雰囲気を感じさせるデザインです。




ちなみにこの「ARTAMIRA(アルタミラ)×セーラー万年筆」のコラボモデルには万年筆(14金、中字、中型)もあります。

デザインはボールペンとはまったくの別物で、ロジウムプレート仕上げのボディにエッチングで作品が刻印されており、高級感と存在感が目を引く一品。4人の作家による4モデルがラインナップされていますので、ご興味のある方は併せてチェックしてみて下さい。(アルタミラ公式オンラインショップでのみの取り扱いです)

【ARTAMIRA(アルタミラ)×セーラー万年筆】オリジナルボールペン3種
【ARTAMIRA(アルタミラ)×セーラー万年筆】オリジナル万年筆4種

*「ARTAMIRA(アルタミラ)」は実力派のアーティストやデザイナーとメーカーをつなげ、新たなアートアイテムを生み出すブランドシステム。2012年5月に生まれた新しいブランドです。

【セーラー万年筆】プロフィットジュニア(透明軸/限定)

限定 透明軸 万年筆 プロフィットジュニア MF(中細) カートリッジインク付属 11-9924-3

セーラーから発売されたプロフィットジュニア。最近のスケルトン系万年筆というとプラチナ万年筆の#3776ブルゴーニュとか精進が話題に挙がることが多いけど、オイラのように万年筆の使用頻度が低いライトユーザー(なんちゃってユーザー)にはコッチの方が断然気になります。

万年筆の透明軸が人気なのは、やっぱりインクの色が見えて視覚的に楽しめるからなんですかね。モデルによっては機構が見えるというのもあるのかな。万年筆に限らず、基本的にオイラは本体が透明ってのはあまり好きじゃないんですが、ここ数年やたらと目にする機会が増えたせいか、なんとなく気になってきました。「慣れ」というのは恐ろしいものです(^_^;)

相性、なんて言葉を使えるほどいろんな万年筆を比べたことはないけど、オイラはセーラーの1000円万年筆「ハイエースネオ」が結構気に入っていて、またインクもセーラーの「ジェントルインク」が好き。ってことでセーラーとの相性がいいのかななんて勝手に思ってるんですよね。ですから今回の「プロフィットジュニア」はそういう意味でも気になります。

ついこの前、クリアキャンディを夏用万年筆として云々・・・って記事を書いたばかりですが、プロフィットジュニアも良さげだなぁ。まあどっちにするか迷う以前の問題として、そもそも新しい万年筆を買うかどうかの問題があるんですけど(^^ゞ

ちなみにプロフィットジュニアは一応「限定」なんですよねぇ。何ででしょう?レギュラーモデルにしてくれればいいのに・・・。

セーラー万年筆 特別生産品 プロフィットジュニア