我流天晴

Home > Tag > システミック


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

ほぼ日手帳2013を買いました♪

画像 031
昨日、ロフトに行ったついでに2013年版のほぼ日手帳(オリジナル/本体のみ)を買ってきちゃいました。もうちょっと粘るつもりでいたんですが、どうせ買うことは決まっていたし、何度も足を運ぶのも面倒だと思いまして(^^ゞ


画像 037
2012年版との比較。

ご存知のように今回は内容的に大きな変更点はありませんでしたし、今更ほぼ日手帳の特徴をご紹介するまでもありませんので、小さく変更された部分にスポットを当ててご紹介します。


画像 032
まず、表紙が「装丁用ビニールペーパー加工」になり、強度と見栄えが向上。

実際に手にしてみると、なるほどこれならカバーレスでも使えそう。日々持ち歩くような場合にはヘタってくる可能性がありますが、部屋置きで使うのであれば大丈夫じゃないかな。「厚紙」というイメージだった過去の表紙とは質感も違います。


画像 050
角の比較。

2013年版の表紙には角丸加工が施されており、これも今回の「小さな変更点」のひとつですね。角折れ(傷み)を軽減するのが目的ですが、2012年版を見ると、カバーを使っていたこともあって僅かではありますが、まさにその部分が傷んでいるのが分かります。表紙そのものの強度も「装丁用ビニールペーパー加工」によってアップしていますから、それなりの効果が期待できそうですね。


画像 052
もちろん中身も角丸加工。基本的にはカバーをして使うことが前提のほぼ日手帳ですから、どちらかと言えばこちらの角丸加工の方がメリットが大きいかもしれません。ま、オイラの場合は部屋置きで使っていること、そして開閉頻度も仕事用の手帳に比べて少ないので、2012年版の中身もほとんどノーダメージなんですけど(^_^;)


画像 045
背表紙の比較。

2013年版からは背表紙にも年号が入りました。使い終わった手帳を本棚等に並べても一目で分かりますので、ほぼ日を使い続けるユーザーにとっては地味に役立つポイントと言えそうですね。(ま、ほぼ日ユーザーの場合は、パンパンに膨らんだ手帳をカバー付きのまま保存する方も多いと思いますが)


画像 055
ちなみにこちらは付録(?)の比較。2012年版は観光地のガイドマップのような作りでしたが、今年は冊子になってます。


画像 061
こちらが2012年版で、


画像 060
こっちが2013年版。

ほんの数ページの簡単なガイドブックですからほぼ日手帳 公式ガイドブックと比較することはできませんが、中身の説明やいくつかの使用例も載ってますから、個人的には「簡易ガイド」としてこれで十分な感じ(^_^;)


画像 068
というわけで、2013年版は本体・カバーともに新年に開封&セットするつもりだったんですが、やはり待ちきれませんでした(^^ゞ

カバーは引き続きコクヨのシステミックですが、色が違うだけでも雰囲気が変わり、年が明ける前に心機一転した気分(*^_^*) ま、このまま約3ヶ月保管なんですけどねw


画像 066
ちなみに2013年版に使用するシステミックの限定モデル(左側)なんですけどね、

こちらの記事で「しおり紐を簡単に交換できる」って書いたんですが、ご覧のようにレギュラーモデル(ベーシックタイプ)とは取り付け方が違ってることに気付きました。なので基本的には交換不可と考えた方が良さそうです。(ま、この情報が重要な方はあまりいないでしょうけどw)

というわけで、先日購入した能率手帳ゴールドに続き、ほぼ日手帳もゲット。これでオイラの2013年手帳は早くも完結・・・のはずだったんですが、実はマークスのエディットも買っちゃったwww ま、今回はほぼ日手帳2013についての記事ですので、マークス/エディットについては後日レビューということで。

2013年版ほぼ日手帳のカバーは、引き続きシステミックにしました♪

DSCN3515.jpg
皆さんご存知のコクヨ「システミック」(ベーシックタイプ)。


DSCN3521.jpg
オイラはこれを今年のほぼ日手帳用カバーとして使っています。

その気になれば両表紙をホールドすることもできると思いますが、ピッタリというかキツキツになってしまうので、オイラは画像のように裏表紙のみホールド。それでも手帳とカバーの一体感は十分に得られます。


DSCN3537.jpg
手帳カバーとして使ううえで欠点となるのはゴムバンドの固定方法。上部がカバー外側、下部がカバー内側に固定されているため、ゴムをかけるときには下から、外すときには上からにしないと、ゴムが手帳のページに食い込んでしまうんです。個人的にはもう慣れてしまったので意識しなくてもできるようになりましたが、最初のうちは何回か食い込ませました(^_^;)

ゴムバンドの耐久性はいい方だと思います。もちろん個体差や使用頻度、手帳本体の太り具合にもよるでしょうが、オイラのシステミックはまだ十分なテンションをキープし続けてます。(さすがに新品時とは違いますが)


DSCN3527.jpg
というわけで、2013年のほぼ日手帳用カバーにもシステミック(A6)を採用することにしました(*^_^*)

2013年はオイラ的には史上初となるほぼ日純正カバーで考えていたんですが、残念ながら気に入ったカバーがありませんでした。また、一枚目の画像のように常時4~5本のペンを外ポケットに差して使っている現状からすると、バタフライストッパー(ペンホルダー)ではダメなんですよね。もちろんこれらのペンを一度に使うことはないのですが、「ほぼ日用のペン」というのを明確に決めていないオイラには、やはりこの外ポケットに数本のペンを入れておくのが便利なのです。

そんな中、ネットで見つけたのが2011年に発売された限定柄以前にこのブログでも取りあげたこの限定柄は、とっくに売り切れているかと思ったらまだあったんですねー。(ま、悪く考えれば人気がなかったとも言えるわけですがw)

「働く女性向け」として発売されたモデルですが、いつも地味で無難なカラーを選んでしまうオイラなので、ほぼ日カバーぐらいは遊び心があってもいいと思いまして。ま、赤ラインだったらサイコーでしたけどねー。


DSCN3533.jpg
ポケットの縁取りとして使われているピンクライン。現物を見てみると、思ってたよりいい感じ。


DSCN3530.jpg
しおり紐もピンクです。付け替えは簡単にできますが・・・ま、いっか。「ピンク=女」ってわけじゃないですからね。色に老若男女はないのです!!

ちなみにカバー左の中ほどにある「SYSTEMIC」のロゴね。カバーを閉じるときにこれが手帳に干渉するときがあります。(個人的にはそれほど気にはなりませんが一応)

ご存知のようにシステミックはカバーではなく「カバーノート」ですので、意匠ノートが1冊付いてます。カバー目的で買ったオイラには差し当たって使うアテはありませんが、黒表紙のシンプルなノートですから保管しておけばいずれ出番があるでしょう。

というわけで、オイラの2013版ほぼ日カバーはこのシステミックで決まり!ってことはほぼ日手帳も必然的に「オリジナル」で決まりってこと。ほぼ日手帳については本体サイズとカバーで迷っていたオイラですが、カバーをシステミックに決定したことからすべてが決まっちゃいました。(結果的に今年と同じw)

あとはロフトで本体を買えばオイラの2013年版手帳選びは完結ですが、もうちょっと「手帳シーズン」を楽しみたい気もしますので、もう少し粘ってみようかなー。いずれにしてもこのカバーは新年まで未開封のまま保管しておきたいと思います。

【コクヨS&T】カバーノート[SYSTEMIC](システミック)

2012.9.27追記

画像 066
記事中で「しおり紐を簡単に交換できる」と書いたんですが、ご覧のようにレギュラーモデル(ベーシックタイプ)とは取り付け方が違ってることに気付きました。なので基本的には交換不可と考えた方が良さそうです。訂正してお詫び致しますm(__)m

ほぼ日手帳を買っちゃった!


新年になって1週間を過ぎたところで「ほぼ日手帳」を買っちゃいました!


購入したのは本体のみで、カバーにはコクヨのシステミックを使用。一昨年、妻がほぼ日を買ったときに試し、収納可能であることは確認済みだったので。

ちなみに一昨年試した時には両表紙ともにホールドすることもできたんですが、ピッタリ過ぎて余裕がほとんどなくなってしまった記憶があります。なので今回は片側だけをセット。片側のみでも表紙のほぼ全体をしっかりとホールドしてくれるのでガタつきませんし、ならば両表紙をホールドしておく特別な理由もありませんからこれでOK。(空いているホルダーはポケットとして使えるのでかえって都合がいい)

また、システミックにはもともと紐栞が2本付いており、個人的にはこれで足りますが、栞の取り付けはカバー上部のリング(ループ)を通すだけですから簡単に増やすこともできますし、好みの紐に付け替えることも可能ですね。


閉じてみると、ゴムバンドなしでもこの状態ですから書き込み中心の使い方ならまったく問題なし。貼り付けなどで手帳が太ってくることを考えると厚みへの対応力は純正カバーに劣りますが、使い勝手のいい外ポケットはオイラにとって大きなアドバンテージ。

というわけで、突然買ってしまったように見えるほぼ日ですが、実は数日前からどうしようか迷っていたのです。つまり用途あっての購入ですので、1年間しっかりと使えると思います(^^)v

コクヨ SYSTEMIC/システミックに働く女性向けの限定柄が登場!



コクヨのカバーノート「SYSTEMIC/システミック」に、働く女性向けの限定柄(色)が登場です!

サイズはA6とA5で、
・ブラック(素材は従来型と同じポリエステルの布系。黒表紙にピンクのワンポイントライン入り)
・ライトピンク(合皮製で太めのゴムバンドを採用)
・キャメル(合皮製で太めのゴムバンドを採用)
の3カラーをラインナップ。

ちなみにキャンパスダイアリー(A5とA6のマンスリータイプ)にも2012年版からピンクが加わりましたから、今回の限定カバーと合わせ、来年のダイアリーとして候補に挙げる方が増えそうですね。

限定!コクヨ・システミックノート(文喜堂/送料無料)

コクヨのSYSTEMIC(システミック)にA7対応の「SYSTEMIC active」が登場!

コクヨのカバーノートSYSTEMIC(システミック)に、A7対応の「SYSTEMIC active」が追加されるようですね。携帯性に優れたA7ノートやダイアリーなどの二冊収納ができ、また名刺やカード類の収納にも使えるようです。(今回のモデルもノートが一冊付いてます)

発売は8月15日で価格は892円(税込)。色は黒とカーキの二種類となっています。ま、色に関しては発売後の動向によって追加される可能性もありますけど。

というわけで、SYSTEMIC(システミック)もベーシックタイプ・リングノートタイプ・アクティブタイプの3ラインとなるわけですが、ユーザーの中には新しいSYSTEMIC(システミック)を使いたいが為に、今までのノートサイズを変えたり、追加したりする方もいるのでないでしょうか。

もちろんそうしたチャレンジによって新たな境地が開ける場合もありますから否定はしませんが、「使ってみたい商品ありき」で自分のスタイルを作ろうとすると、かえって不便になってしまう場合が多いですからね。今回の「SYSTEMIC active」に興味を持った方は、その辺にも十分注意しつつ発売を待ちましょう。ま、オイラも「いろいろ試しては挫折する」を何度も繰り返してますから、偉そうに言える立場じゃないんですが(^^ゞ

カバーノート SYSTEMIC active