我流天晴

Home > Tag > キングジム


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

キングジムのSHOT NOTE(ショットノート)にホワイトボードタイプ登場!


スマートフォンで撮影した手書きメモをデジタル化できる「SHOT NOTE(ショットノート)」の新製品として「ホワイトボードタイプ」が登場!発売は2月7日で価格は8925円。

表面には特殊マット加工をしているため、スマートフォンで撮影する際に蛍光灯などの照明の映り込みを防げ、裏面はマグネット加工されているので、スチール製の壁に貼り付けられるそうです。また、使用後はシート状に丸めてコンパクトに収納できるので、持ち運びも自由に行えるとのこと。ちなみにホワイトボードに書き込む時のペンは市販のホワイトボード用のペンを使用。本体に専用のイレーサーは付属しますが、ペンは付属していません。

なるほどねー、「ホワイトボードタイプ」ですか。確かに便利そうですねー。ただ、ここまでくると会議でメモをとることすら不要になってしまうんでしょうかね。各人がスマートフォンを取り出してホワイトボードを撮影している会議ってのをを想像すると・・・。いまだにスマートフォンに興味すら持たないオイラのようなオッサンには異様な風景に感じられてしまいます。(もちろんこれは極端にネガティブな想像であって、便利な面の方が多いと思いますが)

最近は「なるほどなー」とか「便利そうだなー」とか、アイディアや製品自体には感心しつつ、どうもそれを素直に受け入れられない(どこか引っかかってしまう)年代になってきちゃったなぁ(^_^;)

ニュースリリース(キングジム)
ショットノート(ホワイトボードタイプ)

「マメモ」と「Boogie Board/ブギーボード」に新サイズ追加

キングジムの電子メモ「マメモ」と「Boogie Board/ブギーボード」に、それぞれ新サイズが追加です。従来モデルと比べ、マメモはより小さなサイズ、逆にブギーボードは大きなサイズが加わりました。



まずこちらがマメモ(TM2)。機能詳細についてはリンク先を確認してもらった方が分かりやすいと思うので省きますが、まるでロディアが電子化されたような感じですね。胸ポケットなどに入れて手軽に持ち運べるようになったことで、外出先でも使えるのが最大の特徴。また、書いたメモをmicroSDカードを経由してPCにBMPファイルとして転送できる「メモエクスポート機能」が付いたことも従来機との大きな違いです。発売は2011年6月17日で価格は7980円。



で、こちらがBoogie Board/ブギーボード(BB-2)。従来モデル(8.5インチ)よりも大きい10.5インチの液晶サイズとなりました。基本機能については従来機とほぼ同じようですが、単六形アルカリ乾電池2本を使用し、電池交換が可能となったことは大きな変更点。このほか、スタイラスの持ち運びに便利なスタイラスホルダーや、持ち運びの際に大事なメモを不意に消してしまうといった事態を防ぐ「イレースロック機構」を追加しています。発売は6月10日で価格は6980円。

先日もちょっとお話しましが、ブギーボードはドコモでも使ってたりして、法人が導入してるケースもかなりあるみたいですね。便利で、エコで、経費的にも好都合ですし、法人が目をつけるのも頷けます。しかしポメラ、マメモ、ブギーボード、ショットノート・・・と、キングジムは勢いがありますねー。

最後に(ついでになっちゃいますが)、デジタル名刺ホルダー「ピットレック」に新色プレミアムホワイトも追加されます。発売は2011年6月17日で価格は27300円。

キングジム
マメモ(TM2)(商品情報/ニュースリリース
ブギーボード(BB-2)(商品情報/ニュースリリース
ピットレック(DNH10)(商品情報/ニュースリリース

母は携帯、オイラはブギーボードの初体験

母(72歳)が遂に携帯デビューしました。(^O^)

オイラは東京デジタルホン時代から現ソフトバンクまで一度もキャリア変更したことがないんですが、「ホワイト家族24」なるものを調べてみると、いわゆる家族割のメリットがあまりないんですよねー。しかも母が通話する相手はほとんどがドコモユーザーだし、ソフトバンクは自宅一階の電波状況がイマイチだし・・・等という理由から、母の携帯はドコモにすることに。

で、昨日下見に行ったら、指定オプションを付けての新規であれば端末が0円という機種があったので、今日母に現物を見てもらったうえで契約してきました♪(一応、らくらくホンではないw)

今後も含めた事務手続きを考えてオイラの名義で購入したんですが、契約カウンターではキングジムのboogie board(ブギーボード)を使ってるじゃないですか!契約内容の確認なんてそっちのけで、ブギーボードにばかり目が行ってしまいましたよw

実際そのブギーボードに書く機会もあったので初めて使いましたが、うーん、いいなー。発売当初の熱は冷めていたんですが、また欲しくなってしまいました。まさかドコモに行ってブギーボード熱が再燃するとは・・・。まったく、世の中どこに罠が仕掛けられているか分かりませんねw


KING JIM 「電子メモパッド」ブギーボード 黒 BB-1
キングジム (2010-11-12)
売り上げランキング: 1587

「ショットノート」に新アイテム追加!


キングジムは、手書きメモをデジタルで記録するための「ショットノート」に新アイテムを追加し、6月10日に発売する。今回追加するのは、横罫線のリングノートタイプ「ショットノート(ツインリングタイプ)」、ルーズリーフタイプ「ショットノート(ケース付ルーズリーフタイプ)」、書いたメモを普段使用する手帳やノートに貼って、一時保管できる「ショットノート(貼ってはがせるタイプ)」の3種類。

また、書いたメモを画像として取り込むアプリとして、これまでのiPhone用に加え、新たにAndroid用の「SHOT NOTE Android」を6月下旬に無料配信する予定だ。(誠 Biz.IDより引用)


やっぱり人気あるんですねー、ショットノート。

ま、「電話とメール機能だけのケータイが欲しいんだよなー」なんて思ってるオイラには無縁な代物ですが・・・(^_^;)

【KING JIM/キングジム】SHOT NOTE /ショットノート

【KING JIM/キングジム】SHOT NOTE /ショットノート Sサイズ
【KING JIM/キングジム】SHOT NOTE /ショットノート Mサイズ

【KING JIM/キングジム】SHOT NOTE /ショットノート Lサイズ

【KING JIM/キングジム】ショットノート専用カバー/Sサイズ


既にあちこちで話題になっており、レビューもチラホラと見かけるキングジムのショットノート。オイラ自身はiPhoneを持っていないので少なくとも現時点では蚊帳の外なんですが、一応ご紹介しておきましょう。(^_^;)

さて、「SHOT NOTE /ショットノートとは?」については今更語る必要もないと思いますが、簡単に言えば、これに書いた手書きメモを専用アプリ(無料)によってそのままiPhoneに取り込めるというもの。取り込んだノートはそのままメールで送ったり、Evernoteに投稿することも可能。年輩者からみたらもはやSFの世界ですね。(゜o゜;

しかしまあ何と言うか、「あったらいいな」がどんどん現実になっていきますよねぇ。商品の機能や便利さよりもそっちに意識がいってしまうオイラも、そろそろ「年輩者」の仲間入りでしょうかw

【KING JIM/キングジム】SHOT NOTE /ショットノート Sサイズ
【KING JIM/キングジム】SHOT NOTE /ショットノート Mサイズ
【KING JIM/キングジム】SHOT NOTE /ショットノート Lサイズ
【KING JIM/キングジム】ショットノート専用カバー/Sサイズ