我流天晴

Home > Tag > カバー


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

ほぼ日手帳のカバーに「こけし柄」を希望します!

ほぼ日手帳2014」のカバーをぼんやりと眺めながらふと思ったんですが、カバー価格1900円(カズンなら2400円)のクラスで「こけし柄」を作ってくれませんかねぇ。もちろん「伝統こけし」の11系統がすべてがデザインされたやつね。例えばコチャエ(cochae)さんとのコラボとか。あぁ、想像するだけでワクワクします、欲しいです(*´ェ`*)

そもそも伝統こけしは農閑期の湯治客に土産物として東北地方で売られていたものなので、季節的なイメージとしてはやはり「冬」なんですよね。ですから1月始まりの手帳カバーとして用意されるのが一番なんですけど、始まり月がどうであれ、手帳は一年間使うものですからいずれ冬もやってくる。だったらほぼ日spring2014のカバーとしてでもいいんじゃないかと。でも自分が買うことを考えれば1月始まりの方がいいから、そうなるとやはり2015年版に期待した方がいいか・・・。

などと、一人で勝手な想像を膨らませてますが、マジで考えてもらえませんかねぇ。「絶対に買う!」という人が既に一人はいるんですけど(^_^;)

MDノートの「5周年限定アイテム」&「ヌメ革カバー」(リニューアル版)

MDノートの発売5周年を記念して「5周年限定アイテム」が発売されたようですね♪

まず一点目が「MDノート コットン」。
柔らかな白さが特徴のオリジナルコットン紙を使用した特別なMDノートで、文庫、新書、A5、A4変形判の4サイズをラインアップ。もちろん180度フラットに開く「糸かがり製本」です。

二点目は「MDノートカバー 帆布」。
倉敷帆布で作られたカバーは丈夫な素材でありながら、使うほどに柔らかさと味わいを増していきます。また、素のままの生地は綿糸本来の色を楽しめます。文庫、新書、A5、A4変形判の4サイズ。(MDノートは付属していません)

そして三点目が「MDノートバッグ 帆布」。
A5サイズのMDノートが入る倉敷帆布製バッグで、外側についたポケットにお気に入りのペンやスマートフォンなどの小物を収納して持ち歩けます。バッグ上部のカシメ穴はフックに掛けたり紐を通したりと自由に使えます。(MDノートは付属していません)

さらにヌメ革製のMDノートカバー。
今回の「5周年限定アイテム」とは別物ですが、「リニューアル」されて白に近い色合いとなっております。サイズは従来モデル(前モデル)同様、文庫新書A5A4変形判の4サイズをラインアップ。ミドリオンラインストアでは別料金で名入れもできます。

というわけで、MDノートの「5周年限定アイテム」&リニューアルされた「ヌメ革カバー」をざっと紹介しましたが、MDノートって発売からまだ5年なんですね。言われてみれば「そうか」と思うけれども、イメージ的にはもっと前からあったような気がしてしまいます。それだけ馴染み深く、ノートの定番として認知されてるってことなんでしょうねー。

能率手帳ワイド/能率手帳マンスリー対応の専用本革表紙カバーが発売♪


能率手帳ワイド&能率手帳マンスリー対応の「専用本革表紙カバー」が発売されました。ベーシックなブラックレザー(牛革)を使用した薄くシンプルなデザインで、名刺ポケットと内寸直径約15ミリのペンホルダーを付属しています。

まあカバーの素材については、その使用環境や好みによって革が適さない場合もありますが、手触り、高級感、そして使い込むに連れて手に馴染んでくる使いやすさと愛着、経年変化・・・等々、革でなくては味わえない要素がたくさんあります。そしてカバーを使ううえで重要である「フィット感」を得ようとするならば、やはりサイズがピッタリの専用カバーがベストですね。

ちなみにオイラが使っている能率手帳ゴールドはカバーではなく「革表紙」なので、手帳を新しくすれば革表紙も新しくなりますが、カバーであれば継続して次の手帳に使えます。どちらがいいかは人それぞれですけれども、長く付き合える点やコスト面で考えればカバーの方が有利ですね。

というわけで、能率手帳ワイド/能率手帳マンスリーの革カバー化をお望みの方はチェックしてみてください。

能率手帳ワイド/マンスリー 本革表紙カバー


2015.7.1
NOLTY公式通販サイトリニューアルにより、リンク先URLが変わりました。お手数ですが各商品情報はこちらから検索してください。

2013年版ほぼ日手帳のカバーは、引き続きシステミックにしました♪

DSCN3515.jpg
皆さんご存知のコクヨ「システミック」(ベーシックタイプ)。


DSCN3521.jpg
オイラはこれを今年のほぼ日手帳用カバーとして使っています。

その気になれば両表紙をホールドすることもできると思いますが、ピッタリというかキツキツになってしまうので、オイラは画像のように裏表紙のみホールド。それでも手帳とカバーの一体感は十分に得られます。


DSCN3537.jpg
手帳カバーとして使ううえで欠点となるのはゴムバンドの固定方法。上部がカバー外側、下部がカバー内側に固定されているため、ゴムをかけるときには下から、外すときには上からにしないと、ゴムが手帳のページに食い込んでしまうんです。個人的にはもう慣れてしまったので意識しなくてもできるようになりましたが、最初のうちは何回か食い込ませました(^_^;)

ゴムバンドの耐久性はいい方だと思います。もちろん個体差や使用頻度、手帳本体の太り具合にもよるでしょうが、オイラのシステミックはまだ十分なテンションをキープし続けてます。(さすがに新品時とは違いますが)


DSCN3527.jpg
というわけで、2013年のほぼ日手帳用カバーにもシステミック(A6)を採用することにしました(*^_^*)

2013年はオイラ的には史上初となるほぼ日純正カバーで考えていたんですが、残念ながら気に入ったカバーがありませんでした。また、一枚目の画像のように常時4~5本のペンを外ポケットに差して使っている現状からすると、バタフライストッパー(ペンホルダー)ではダメなんですよね。もちろんこれらのペンを一度に使うことはないのですが、「ほぼ日用のペン」というのを明確に決めていないオイラには、やはりこの外ポケットに数本のペンを入れておくのが便利なのです。

そんな中、ネットで見つけたのが2011年に発売された限定柄以前にこのブログでも取りあげたこの限定柄は、とっくに売り切れているかと思ったらまだあったんですねー。(ま、悪く考えれば人気がなかったとも言えるわけですがw)

「働く女性向け」として発売されたモデルですが、いつも地味で無難なカラーを選んでしまうオイラなので、ほぼ日カバーぐらいは遊び心があってもいいと思いまして。ま、赤ラインだったらサイコーでしたけどねー。


DSCN3533.jpg
ポケットの縁取りとして使われているピンクライン。現物を見てみると、思ってたよりいい感じ。


DSCN3530.jpg
しおり紐もピンクです。付け替えは簡単にできますが・・・ま、いっか。「ピンク=女」ってわけじゃないですからね。色に老若男女はないのです!!

ちなみにカバー左の中ほどにある「SYSTEMIC」のロゴね。カバーを閉じるときにこれが手帳に干渉するときがあります。(個人的にはそれほど気にはなりませんが一応)

ご存知のようにシステミックはカバーではなく「カバーノート」ですので、意匠ノートが1冊付いてます。カバー目的で買ったオイラには差し当たって使うアテはありませんが、黒表紙のシンプルなノートですから保管しておけばいずれ出番があるでしょう。

というわけで、オイラの2013版ほぼ日カバーはこのシステミックで決まり!ってことはほぼ日手帳も必然的に「オリジナル」で決まりってこと。ほぼ日手帳については本体サイズとカバーで迷っていたオイラですが、カバーをシステミックに決定したことからすべてが決まっちゃいました。(結果的に今年と同じw)

あとはロフトで本体を買えばオイラの2013年版手帳選びは完結ですが、もうちょっと「手帳シーズン」を楽しみたい気もしますので、もう少し粘ってみようかなー。いずれにしてもこのカバーは新年まで未開封のまま保管しておきたいと思います。

【コクヨS&T】カバーノート[SYSTEMIC](システミック)

2012.9.27追記

画像 066
記事中で「しおり紐を簡単に交換できる」と書いたんですが、ご覧のようにレギュラーモデル(ベーシックタイプ)とは取り付け方が違ってることに気付きました。なので基本的には交換不可と考えた方が良さそうです。訂正してお詫び致しますm(__)m

検索しながら、スケジュールを見ながら、メモが書ける!KNOX(ノックス) iPhoneメモケース

最近はスマートフォンを情報(スケジュール)管理に使っている人が増えてますが、それでも手書きの便利さも捨てきれず、併用されている方が多いと聞きます。


ということで、KNOXからの新製品がこの「iPhoneメモケース」(iPhone4、4S対応)

まあ名前がそのまま機能を説明しちゃってるんで説明は不要かと思いますが、要はiPhoneとカードサイズのメモを一緒に収納できるケース(カバー)ですね。

ちなみにメモの方はとりあえず1冊が付属品として付いてくるようですが、サイズについては特に記載がないんですよねー。本体サイズから推測すると、たぶんロディアのNO11サイズ(A7サイズ)に対応していると思うのですが、厚みには対応できるのかな・・・。また、付属メモが別売りで購入できるのかどうかにもまったく触れてませんねぇ・・・。なので、ご興味のある方は購入前にその辺りのことを確認(問い合わせ)してから注文した方がいいかも。というわけで、今回は「iPhoneメモケース」発売のお知らせということで。(^^ゞ

ま、iPhone(スマートフォン)を持っていないオイラには関わりのない話でござんす m(__)m

【KNOX/ノックス】iPhoneメモケース(iPhone4、4S対応)