我流天晴

手帳、ノート、筆記具を中心とした文具・革製品・こけし・・・等、好きなものを我流で楽しんでます♪(「手帳とノートのブログ」を改題しました)


重要なお知らせ
当ブログは2013年12月15日(日)をもちまして「http://garyu-appare.net/」に移転しました。移転日までの記事は新ブログにインポートしておりませんので、検索エンジン経由で訪問された方は当ブログにて該当記事をお読みください。よろしければ新ブログの方もブックマークorリーダー登録していただければ幸いです。

【重要】ブログ移転のお知らせ

本日2013年12月15日(日)、この記事をもちまして当ブログ「我流天晴」はFC2ブログでの更新を停止し、http://garyu-appare.net/に移転します。URLやサイトの体裁は変わりますが方向性はそのままですので、今後も新URLにて引き続きお付き合いいただければ幸いですm(_ _)m

ちなみにこのブログは削除せずこのまま残します。但しFC2ブログの仕様上、未更新状態が一ヶ月以上続きますと当方の意図しない広告が表示されてしまいますので、このお知らせ記事の日付更新を定期的に行うことで対応します。

それでは皆様、新URLにてご訪問をお待ちしております(^O^)/

楽しみだけどちょっと寂しい

昨日お知らせしたとおりブログの引っ越しに向けて準備を進めているオイラですが、移転データの準備をしつつ過去記事を読み直したりしています。いやぁー、やはり始めた頃の記事は溢れ出るやる気を感じるものの実に未熟で(ちょっと背伸びなんかもしたりしていて)お恥ずかしい。でもあの頃の真っ直ぐさが今あるかと問われると・・・。人間っていうのは知らず知らずのうちに天狗になっちゃうんですかねー。自分ではそうならないように気をつけていたつもりなんですが。

あと、昔はどうでもいい日記のような記事も結構書いていて、そういうのを読むとやっぱり懐かしいですね。手帳やノートに手書きしたものとは感じ方が違いますが、かと言ってそんなにデジタル臭いわけでもなく、素直に当時を懐かしめます。ブログ(デジタル)にはそういうものを期待していなかったので意外な収穫です。

長いことブログを更新し続けているとその日の記事(ネタ)で精一杯。何年も前の古い記事を読み返すことはほとんどないですし、仮にそうすることがあったとしても引っ越しを前提とした振り返りとは感情的にも違います。長年住み慣れた場所を去ることを決め、新しい場所での準備を進める。この「楽しみだけどちょっと寂しい」気持ちはリアルな引っ越しと同じだなぁ。

ブログの引越し準備を始めました

突然ですが、本日独自ドメインを取得し、サーバーもレンタルしました。もちろんこのブログの引っ越しのためです。1、2年前から漠然と考えてはいたんですが、ついに重い腰を上げました。

と言っても年末の忙しい時期ですので、年内に引っ越しできるかどうか。もちろんそれまではこのブログで更新を続けますし、引っ越しの完了時には改めてご案内させていただきますのでよろしくお願いいたします。

「色彩逢い」で目覚めて「カクノ」に出逢う

先日買ったパイロットの1000円万年筆カクノ。少し遅れて中字デビューもしましたが、それによって細字の出来の良さを再認識しました。もちろん中字も十二分に満足しているんですが、中字がなめらかなのは1000円クラスでもそう珍しいことではない。それに対してカクノ細字のなめらかさは群を抜いていると思います。それはインクフローや純正ブルーブラックインキとの相性の良さもあるでしょうが、とにかくその書き心地の良さに惚れ惚れ。毎日使っています。(*^_^*)

考えてみればオイラが万年筆に興味を持つキッカケとなったのは、発売から間もない「プレラ 色彩逢い」を店頭で試し書きし、そのなめらかな書き心地を体験したことでした。今となってはお恥ずかしい話ですが、当時のオイラの中では「なめらかに書ける万年筆=高級品」で、安価な鉄ペンはインクフローが渋く、引っかるイメージがあったんですよね。そんな誤ったイメージ(実際そういうのもありますが)を払拭してくれたのが「色彩逢い」だったのです。

あれから早数年、オイラも数本の万年筆を使うようになりましたが、今回のカクノが初めてのパイロット万年筆。色彩逢いでのデビューではありませんでしたが、同じペン先を採用するカクノでパイロットデビューすることになったことに不思議な巡りあわせを感じます。

手帳の小口に!

無造作に置いてあった手帳をふと見ると、

DSCN7307.jpg
小口に文字が映ってる!

24金の金箔加工は伊達じゃありませんねー(*^_^*)